SHARP(シャープ)、起動/ダビング/再生が高速化した「AQUOS(アクオス)ブルーレイ」3機種発売

投稿日:

シャープは、ブルーレイレコーダ「AQUOS(アクオス)ブルーレイ」の新機種として1TB HDD搭載の「BD-HDW80」、500GBの「BD-HDW75」、320GBの「BD-HDW73」を4月27日より発売します。価格は順に10万円前後、9万円前後、8万円前後。

20110412_aquos_bd.JPG

- スポンサードリンク -

地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2系統と、アナログチューナ1系統を搭載したブルーレイレコーダ。Blu-ray 3Dの再生が可能なほか、BD大容量規格のBD-R XLやBD-RE XLの録画/再生にも対応。また、新開発のトランスコーダー「新・高速トランスコーダー」により、最長約12倍の2番組同時録画が行え、スカパー!HD録画と組み合わせれば3番組同時録画が可能。

新機種では、電源待機状態から番組表や録画リストなどを約1秒で起動できる「高速一発起動」や、HDDに録画した番組を長時間モード画質に変換してBDに録画時間の約半分の時間でダビングできる「高速トランスコードダビング 2」を搭載。加えて、「高速BDドライブメカ」を採用することで、BDの読み込み時間を従来機種「BD-HDW70」と比べ最速約半分に短縮するなど、起動/ダビング/再生を高速化しているのが特徴となってます。また、キーワード設定で番組表から自動的に録画できる「キーワード自動録画」機能や、動画付きの小画面(サムネイル)を見ながらシーン編集もできる「モーションエディター」機能も備えています。

ネットワーク機能も強化。本体にIEEE 802.11b/g/nの無線LANを内蔵し、アクトビラ ビデオ・フルや、DTCP-IP/DLNAサーバー「ホームネットワーク機能」などワイヤレス化でき、LAN接続設定はワンボタンで接続設定機能のある機器と簡単に行える「かんたんLAN設定」も用意されています。

HDMI-CEC「AQUOSファミリンクII」は、液晶パネルの性能を最大限に引き出す「AQUOS純モード」に対応。「AQUOSクアトロン」と組み合わせれば「クアトロン純モード」となり、より高画質で視聴できます。

消費電力は、HDW80のみ37Wで、残りの2機種は35W。待機時の消費電力を抑える「エコモード」や、無操作状態が約3時間続けば自動的に電源をオフにする「無操作電源オフ」も備え、省エネです。

3機種の本体サイズは430×235×58mm(幅×奥行き×高さ)。重量はHDW80が約3.5kg、HDW75が約3.4kg、HDW73が約3.4kg。

▼BD-HDW80の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場Yahoo!ショッピングアマゾン(Amazon.co.jp)

▼BD-HDW75の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場Yahoo!ショッピングアマゾン(Amazon.co.jp)

▼BD-HDW73の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場Yahoo!ショッピングアマゾン(Amazon.co.jp)

- スポンサードリンク -