シャープ、70/60型8K液晶テレビ「アクオス8K BW1ライン」11月発売予約

投稿日:

シャープは、BS4K/110度CS4Kチューナーを内蔵した、8K対応液晶テレビの新製品「アクオス8K BW1ライン」を11月9日に発売する予定です。価格は、70型の「8T-C70BW1」が55万円前後、60型の「8T-C60BW1」が35万円前後。

4Kの約830万画素よりも4倍きめ細かな約3,300万画素の映像を映し出し、実物が目の前にあるかのようなリアルさを感じることができる、7,680×4,320ドットの8Kパネルを搭載した液晶テレビ。

艶やかな黒を表現しつつ、照明などの映りこみを抑える低反射パネル「N-Blackパネル」を採用。高い透過率UV2A液晶技術によって高輝度を実現しています。HDRはHDR10方式とHLG方式に対応し、アップデートによりDolby Visionもサポート予定。

画像処理エンジンは、8Kに対応した「Medalist Z1」を新搭載。地上デジタル放送や新4K衛星放送はもちろんのこと、ネットコンテンツやBlu-rayディスクなどの様々な映像を超解像技術によって8K情報量へアップコンバートを行い、3,300万画素という圧倒的な情報量で細部まで滑らかに、鮮明な映像で楽しめるということです。

また、スポーツ観戦時におすすめの映像モード「8Kスポーツビュー」を新たに搭載。あたかもその場で見ているような感覚でスポーツ番組を堪能できます。加えて、スタジアムサラウンド機能も追加されたことで、映像にあわせて観客の歓声など音の臨場感もアップします。

「Medalist Z1」の超解像技術で8K映像へアップコンバートすることに加え、120Hzの倍速技術で被写体の動きを予測して中間映像を補間し、高精細かつ動きの滑らかな映像で描き出します。さらに、動きのボヤケ低減効果のある黒挿入技術を採用したことで倍速補間された映像の切り替わるのと同時に、黒部分を挿入することで、動きのボヤケを低減し、より見やすい映像をつくり出します。

そのほか、映像信号を解析し、光源や反射部などの輝き成分を検出してLEDバックライトを部分制御して輝きを復元する「メガコントラスト」や、広色域カラーフィルタと広色域蛍光体を組み合わせたことで、色域「ITU-R BT.2020」を豊かに表示する「リッチカラーテクノロジープロ」など備えています。

チューナー構成は、2基のBS4K/110度CS4Kチューナーと、3基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵。別売りのアクオス専用の外付けUSBハードディスク「4R-C40B1」などをつなげば、4K放送を視聴しながら裏の4K放送と地上/BS/110度CS放送の2番組を同時に裏録画が可能。

ワイヤレスLANも内蔵。インターネットに繋げばNetflix、YouTube、dTV、Hulu、Amazonプライム・ビデオ、AbemaTVなどの動画配信サービスが楽しめます。独自のコンテンツ配信サービス「COCORO VIDEO」「COCORO MUSIC」「COCORO GAME」「COCORO CALENDAR」や、テレビ放送と連動して、番組に関連する様々な情報を表示する「ハイブリッドキャスト」もサポート。

クラウドのAI(人工知能)が家族のよく見るテレビ番組や視聴する時間帯、録画予約の状況を学習・分析し、おすすめの番組を音声で知らせてくれる独自のクラウドサービス「COCORO VISION」を備えており、4K番組や「COCORO VIDEO」が配信する映画などの作品も含めた多彩なコンテンツの中から、家族が好む番組情報を提供してくれます。

また、Android TVは最新プラットフォーム「Android 9 Pie」を採用し、動画配信サービスやゲームなどの多彩なネットコンテンツを存分に楽しめます。同梱のリモコンには、マイクを搭載し、見たい番組を音声で検索できます。Googleアシスタントもサポートしているので、対応した家電機器などを音声で操作することができます。

スピーカーユニットは、2基のツィーター、2基のミッドレンジ、2基のサブウーハーを組み合わせた、2.1チャンネル3ウェイ仕様。デジタルアンプの実用最大出力は20W+20W+30Wの高出力を発揮。音響技術には、音声の臨場感を高める「WIDE-AREA SOUND SYSTEM」や、空間全体の音響パワーの変化を捉え補正する新技術「Eilex PRISM」を採用。

外部インターフェイスは、HDMI入力×5(4K/60p/HDR/HDCP 2.2対応)、ビデオ入力、アナログ音声入力、データ再生用USB 2.0×2、録画専用USB 3.0、ヘッドホン出力、光デジタル音声出力、イーサネットを装備。HDMI入力は、後日アップデートで8K入力に対応予定で、別売りの8Kチューナーを接続すれば、本製品で8K放送を楽しめるようになります。テレビ音声をBluetoothスピーカーなどで出力する「Bluetooth音声出力」も備えます。

70型の本体サイズは156.4×36.1×99センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約48.5キロ。消費電力は約520W、年間消費電力量は295kWh/年。

60型の本体サイズは135.4×29.0×86.5センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約33.5キロ。消費電力は約510W、年間消費電力量は290kWh/年。

同梱品は、リモコン、リモコン用乾電池×4個、転倒防止ベルト一式。

▼こちらで予約できます
SHARP AQUOS 8K 70V型 BW1ライン 8T-C70BW1 8TC70BW1
SHARP AQUOS 8K 60V型 BW1ライン 8T-C60BW1 8TC60BW1

- スポンサードリンク -