シャープ、4Kチューナー内蔵スタンダード液晶テレビ「アクオス 4K BH1ライン (4T-C60BH1/4T-C50BH1/4T-C40BH1)」

投稿日:

シャープは、4Kチューナーを内蔵したスタンダード液晶テレビ「アクオス 4K BH1ライン」を、10月12日より発売する予定です。価格は、60型が20万円前後、50型が11万円前後、40型が9万円前後。

フルハイビジョンの4倍きめ細かい4Kならではの高画質で楽しめる4K液晶テレビのシンプルモデル。上位製品から高画質技術の削減や、ネットワーク機能などを省略したことで低価格化を実現させています。

液晶ディスプレイは、外光の反射や照明の映り込みを抑える「4K低反射液晶パネル」を採用。解像度は3,840×2,160ドット(4K-UHD)、視野角性能は上下/左右176度。回転式スタンドも備え、視聴位置に合わせて画面角度を左右計約30度、見やすい角度に調整可能。

チューナー構成は、2基のBS4K/110度CS4Kチューナーを内蔵し、新4K衛星放送を見ながら別の放送を裏録画が可能。また、2基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーも内蔵し、別売りのアクオス専用の外付けUSBハードディスク「4R-C40B1」などをつなげば、テレビを見ながら別の番組を裏録画することができます。

高画質技術には、LEDバックライトと色復元回路で映像の臨場感を高める広域色技術「リッチカラーテクノロジー」、消費電力を抑えたまま明るさを高める「ハイブライトネス」を搭載。HDRはHDR10方式とHLG方式に対応し、「4K低反射液晶パネル」に最適に表示することで、風景の奥行き感や、素材の質感までリアルに再現します。

スピーカーユニットは、2基のフルレンジを搭載。デジタルアンプの実用最大出力は10W+10W。音響技術には音声を前方に導く構造として、60型には「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」、50型には「フロントリフレクター」を採用し、聞き取りやすさを強化。

外部インターフェイスは、HDMI入力×4(HDR/HDCP 2.2/ARC対応)、ビデオ入力、アナログ音声入力、録画専用USB 3.0、ヘッドホン出力、光デジタル音声出力、イーサネットを装備。そのほか、ボタン数が少なく文字が見やすい「シンプルリモコン」が同梱。

60型の本体サイズは135.4×29×86.5センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約33.0キロ。消費電力は約154W、年間消費電力量は185kWh/年。

50型の本体サイズは112.2×25.3×70.9センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約13.0キロ。消費電力は約131W、年間消費電力量は149kWh/年。

40型の本体サイズは91.5×23.1×59.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約10.6キロ。消費電力は約121W、年間消費電力量は143kWh/年。

本体カラーはブラック。同梱品は、シンプルリモコン、テーブルスタンド、転倒防止ベルト一式など。

▼こちらで予約できます
SHARP AQUOS 4K 60V型 4T-C60BH1 4TC60BH1
SHARP AQUOS 4K 50V型 4T-C50BH1 4TC50BH1
SHARP AQUOS 4K 40V型 4T-C40BH1 4TC40BH1

- スポンサードリンク -