東芝、基本性能を高めた「REGZA(レグザ)ブルーレイ」RD-BZ810/BZ710/BR610

投稿日:

東芝は、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「REGZA(レグザ)ブルーレイ」のハイエンドモデル「RDシリーズ」の新モデルとして1TB HDD搭載のダブルチューナーモデル「RD-BZ810」、500GB HDD搭載のダブルチューナーモデル「RD-BZ710」、500GB HDD搭載のシングルチューナーモデル「RD-BR610」の3機種を5月下旬から順次発売します。

B004XKDX4S B004XKDXC0 B004XKDXH0

- スポンサードリンク -

録画機能やダビング機能、AVCHDカメラ映像のかんたん取り込み、ネットワーク機能など基本性能を向上させたのが特長。地上/BS/110度CSデジタルを各2系統内蔵したRD-BZ810/RD-BZ710は、2番組同時録画に対応し、MPEG-4 AVCトランスコーダが2基に増えたことで長時間の2番組同時録画が可能。

加えて、トランスコーダ速度も3倍に高速化され、より早い画質変換を実現させたという。自動でチャプター分割する「マジックチャプター機能」もW録画で機能するようになりました。

液晶テレビ「REGZA」で録画した番組を、LANやイーサネット対応ハイスピードHDMIケーブルを使ってダビングし、BD/DVDなどに保存できる「レグザリンク・ダビング」機能を搭載し、ディスク容量に収まるように自動で適切な記録レートを計算してダビングを実行する「ぴったりダビング」機能を装備するなど録画機能を充実。

業界で唯一備えている外付けUSB HDDへの録画機能では、USB HDDのナビ画面上からのクイックメニューによるドライブ切り換えができるようになり、録画したタイトルの再生や編集の使い勝手を大幅に向上させました。使用可能なUSB HDDも1台あたりの最大容量を4TBに増加させたということです。

さらに、USB経由でAVCHDカメラからの取り込みも可能になったほか、BDに録画した番組のHDDへの書き戻しやW録中のBD再生を可能にするなど、基本性能を大幅に向上させています。スマートフォンやPCから、REGZAやREGZAブルーレイの操作を可能にする「Appsコネクト」にも対応。

出力端子はHDMI出力(1080/24p対応)×1、D4出力×1、S映像入出力×各1、コンポジット入出力×各1、アナログ音声入出力×各1、光デジタル出力×1。

RD-BZ810とRD-BZ710のサイズは430×335×80mm(幅×奥行き×高さ)で、重量はRD-BZ810が4.8kg、RD-BZ710が4.7kg。RD-BR610は430×333×80mm(幅×奥行き×高さ)で、4.5kg。消費電力はRD-BZ810が35W、RD-BZ710が34W、RD-BR610が31W。

価格はRD-BZ810が11万5,000円前後、RD-BZ710が10万円前後、RD-BR610が8万円前後。

▼RD-BZ810の製品情報や最安値のチェック
アマゾン(Amazon.co.jp)楽天市場Yahoo!ショッピング

▼RD-BZ710の製品情報や最安値のチェック
アマゾン(Amazon.co.jp)楽天市場Yahoo!ショッピング

▼RD-BR610の製品情報や最安値のチェック
アマゾン(Amazon.co.jp)楽天市場Yahoo!ショッピング

- スポンサードリンク -