東芝、シンプル操作の「REGZA(レグザ)ブルーレイ D-BZ510」4月下旬発売

投稿日:

東芝は、シンプルな使い勝手とスリムデザインを採用するブルーレイレコーダ「REGZAブルーレイ D-BZ510」を4月下旬より発売します。

誰でも簡単に扱えるように機能を絞ったエントリーモデルのブルーレイレコーダ。チューナーは地上/BS/110度CSデジタル2系統搭載し、2番組同時録画「ハイビジョンW録」に対応。HDD容量は320GB。

また、MPEG-4 AVC/H.264エンコードによる最大8倍の長時間録画に対応し、HDDに最大約232時間録画が可能。録画した番組をフルハイビジョン画質のままDVDディスク(DVD-R/-R DL/RW)にダビングできる「AVCREC」に対応します。

HDMI出力では、1080/24p、Deep Color出力が可能でブルーレイソフトに収録された映画本来の滑らかな質感を再現できます。x.v.Colorにも対応。音声フォーマットはドルビーTrue HD、DTS HD Master Audioなどに対応し、立体的で迫力のある7.1chサラウンドが楽しめます。

サイズは430×294×55mm(幅×奥行き×高さ)と従来機種「D-BZ500」よりさらにスリム化されています。重量は3.4kgで、消費電力は30W。通常リモコンとシンプルリモコンを同梱。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -