三菱電機、新型リモコン「くるっとリモコン」付属のブルーレイレコーダー「REAL(リアル) ブルーレイ」DVR-BZ450/350/250

投稿日:

三菱電気は、新型リモコン「くるっとリモコン」を付属したブルーレイレコーダー「REAL(リアル) ブルーレイ」3機種を5月31日より発売します。

20110504_realbluray.jpg

- スポンサードリンク -

2TB HDDモデル「DVR-BZ450」、1TB HDDモデル「DVR-BZ350」、500GB HDDモデル「DVR-BZ250」の3機種を用意し、価格は順に13万円前後、95,000円前後、8万円前後。

いずれもBlu-ray 3Dの再生が可能なほか、BDの大容量規格BD-R XL 4層ディスクやBD-RE XL 3層ディスクの書き込みにも対応したBDレコーダ。地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2基搭載し、2番組同時録画や最長約12倍の長時間W録画が可能。AVCRECや「スカパー!HD録画」にも対応します。

新モデルの最大のポイントは、1台でテレビとレコーダを操作できる両面リモコン「くるっとリモコン」を採用したこと。片面にテレビ用の操作ボタンを、裏返した反対の面にはレコーダ用の操作ボタンを備えたユニークなデザインの新リモコンで、内蔵センサーにより、必ず上面のボタンだけが操作できるようになってます。特に「予約」「見る」「残す」のボタンは大きめで録画/再生/ダビングの操作性を向上させています。ボタンには、水や汚れに強いシートボタンを採用。

機能面では、ユーザーの傾向や好みに合わせて番組を自動録画する「おすすめ自動録画」機能や、シンプルな操作でBDやDVDへダビングできる「らく楽ダビング」、テレビ画面に操作方法が順番に表示され、画面を確認しながら操作できる「らく楽メニュー」、音声ガイドなどの便利機能を装備。

このほか、BDに1度ダビングした番組を、再度本体の内蔵HDDに書き戻す「ムーブバック」機能や、テレビからの低下画質映像を1080i/1080pにアップコンバートする機能も備えています。ネットワーク機能では、アクトビラ、アクトビラ ビデオ・フル、TSUTAYA TVに対応。HDMI連携機能の「リアルリンク」もサポート。

また、レコーダ起動時の設定に「高速起動モード」が追加され、使用頻度の高い時間帯で1秒以内に高速起動させることができる「瞬間電源オン」が利用できます。テレビと連携することで視聴しているときだけ「瞬間電源オン」状態にしたり、ユーザーの使用履歴から使用時間帯を学習し、使用頻度が高い時間帯で自動的に「瞬間電源オン」状態にすることができます。これにより、消費電力の低減に貢献します。

インターフェイスはHDMI出力、D4出力、コンポジット出力、アナログ音声出力、光デジタル音声出力、Ethernet、i.LINK(TS入力)など各1系統装備。 HDMI出力では1080/24p、Deep Colorをサポート。SDカードスロット、USB端子も備え、AVCHD方式で記録された映像をHDDにダビングすることもできます。

サイズは全機種で431×282×56mm(幅×奥行き×高さ)。重量はDVR-BZ450とDVR-BZ350が3.8kg、DVR-BZ250が3.5kg。消費電力はDVR-BZ450が34W、DVR-BZ350とDVR-BZ250が33W。待機時消費電力は通常1.4W、高速起動設定は11.7W、瞬間電源ON時はDVR-BZ450が26W、DVR-BZ350が25.3W、DVR-BZ250が25W。リモコンが付属。

▼価格比較
REALブルーレイ DVR-BZ450


REALブルーレイ DVR-BZ350


REALブルーレイ DVR-BZ250

- スポンサードリンク -