ラディウス、完全ワイヤレスイヤホン「HP-T200BT」予約販売

投稿日:

ラディウスは、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「HP-T200BT」を8月下旬より発売する予定です。価格は12,320円前後。

ラディウス 完全ワイヤレスイヤホン HP-T200BT

ノイズキャンセリング機能を搭載した、業界最小・最軽量クラスの完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホンの質量は片側約4グラムと非常に軽く、長時間装着していても耳が疲れにくく、快適に音楽を楽しむことができます。また、同梱の充電ケースも、イヤホン本体と同様にコンパクトサイズとなっており、ラウンド形状なためカバンやポケットにもスッキリと収まり、ポータビリティに優れています。

ドライバーユニットは、口径6ミリのダイナミック型。高音域に埋もれることのない良質な低音域チューニングを施し、業界最小サイズながら迫力あるサウンドを実現。同梱のイヤーピースは装着時に外耳道に沿うように変形し、密着感が向上。低音を逃さず高い解像度で再生可能。長時間の使用でも聴き疲れしにくく、高音質で音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリングモード時は、イヤホン内部で周囲の騒音を解析し、逆位相の音を生成することで騒音を聞こえにくくする仕組み。特に50Hz近辺の低音域ノイズを大きく低減するよう調整されており、通勤通学時の電車内やバス内でも音楽をクリアに再生可能。

また、周囲の外音を取り込むことができるアンビエントサウンドモードに切り替えれば、イヤホンを外すことなく、会話や駅のアナウンスなどを瞬時に聴き取ることができます。

ワイヤレス通信は、Bluetooth 5.1(Class2)に対応。プロファイルはA2D、AVRCP、HFP、HSP。コーデックはAAC、SBCをサポート。伝送帯域は20~20,000Hz、インピーダンスは16Ω。最大4台までのマルチペアリング対応。

さらに、接続デバイスとの左右同時接続方式を採用。電波の安定した接続を阻害する左右のイヤホン間の通信を排除したことで、音声の途切や遅延を低減するほか、通信帯域を効率的に使用することで、音の高解像度化にも寄与します。

イヤホンの側面にはタッチセンサーを備え、再生/停止、曲送り/曲戻し、音量UP/DOWN、モード切り替え、受話/終話/着信拒否、音声アシスタント起動などの操作をタッチするだけで簡単に行えます。そのほか、IPX5相当の防滴仕様なので、急な雨やスポーツでの汗にも安心です。

各イヤホン本体と同梱の充電ケースには、バッテリーを内蔵。連続再生時間は、イヤホン単体で最大10時間、充電ケース併用時で最大30時間。

本体カラーはブラック(HP-T200BTK)、カッパー(HP-T200BTD)、ゴールド(HP-T200BTN)の3色から選べます。同梱品は、イヤーピース(S,M,L)×各1セット、充電用USB-Cケーブルが一式。

▼こちらで予約できます
radius 完全ワイヤレスイヤホン HP-T200BT

- スポンサードリンク -