パナソニック、65/55V型ハイエンド4K液晶テレビ「4Kビエラ JX950シリーズ (TH-65JX950 /TH-55JX950)」予約販売

投稿日:

パナソニックは、ハイエンドタイプの4K液晶テレビ「4Kビエラ JX950シリーズ」を4月23日に発売する予定です。価格は、65V型の「TH-65JX950」が35万円前後、55V型の「TH-55JX950」が27万円前後。

パナソニック ハイエンド4K液晶テレビ 4Kビエラ JX950シリーズ

4Kビエラ JX950シリーズは、ハイエンド製品にふさわしいプレミアム液晶ディスプレイを搭載した、東京2020 オリンピック・パラリンピック公式テレビです。

4K液晶ディスプレイは、3,840×2,160ドットのIPS・倍速パネルを用いた、プレミアム液晶ディスプレイを採用。バックライトを強化するのと同時に、ディスプレイ内部の部材構成を最適化したことで、液晶ビエラ史上最高クラスの高輝度と、高いコントラスト性能を両立。これにより、HDRコンテンツのあらゆるシーンにおいて、高いレベルで明部から暗部まで表現が可能になりました。また、パネル面とフレームの段差をなくした「フラット構造」を採用し、高いデザイン性をも実現しています。

新たにディープラーニングを活用したAI技術によるシーン認識アルゴリズムで、シーンに応じて画質を自動で最適化する「オートAI画質」と、理想的な音場と音質に自動的に調整する「オートAI音質」を搭載。これらにより、ユーザーがコンテンツに合わせて、いちいち調整をする必要がなくなり、ビエラが自動で最適な画質と音質に調整してくれます。

「オートAI画質」では、ビエラに搭載される「ヘキサクロマドライブ」「AI HDRリマスター」「4Kファインリマスターエンジン」などの独自高画質化技術を統合的に制御することで、映像を部分ごとに自動で最適な画質に調整することを可能にしています。

HDR規格はHDR10/HLG/HDR10+/Dolby Visionの合計4方式のフォーマットに対応。HDR10+/Dolby Visionの画質を最大限に引き出す新技術「HDR10+ ADAPTIVE」と「Dolby Vision IQ」もサポートします。

高画質技術として、3次元カラーマネジメント回路「3D-LUT」を新たに追加し、入力された色信号を色鮮やかに美しく再現する「ヘキサクロマドライブ」が進化。HDR10/HDR10+の信号入力時にシーンに応じてHDRトーンマッピング処理を動的に変化させる新技術を採用し、高輝度域でも色鮮やかで階調豊かな映像が楽しめます。

加えて、ダイナミックメタデータを持たないHDRコンテンツに対して、シーンごとに輝度情報を解析することで、ダイナミックメタデータを持つHDRコンテンツ同様にパネルの性能を最大限に引き出す「ダイナミックメタデータクリエーション」や、地上デジタル放送やブルーレイソフト、ネット動画の映像を4K映像にアップコンバートする「4Kファインリマスターエンジン」、地上デジタル放送も新4K衛星放送も高コントラスト映像に高画質化する「AI HDRリマスター」なども搭載。

さらに、最新ゲーム機にも採用されている、HDMI 2.1規格の4K120p入力に加えて、映像の入力から表示までの遅延を抑制して、より軽快なゲーム体験を実現する「ゲームモード エクストリーム」も新たに装備。

スピーカーシステムは、イネーブルドスピーカーとフルレンジスピーカーを搭載し、実用最大出力は60W。テレビ裏面上部に配置した、15W+15Wのイネーブルドスピーカーは、音を天井に反射させることで、映画館のような迫力あるサウンドで立体音響をより高品位に楽しむことが可能。

高音質技術には、テレビのスピーカーのみで上下/左右から音に包み込まれるような立体音響を堪能できる立体音響技術「ドルビーアトモス」も搭載。リモコンに搭載したマイクを使用して、テレビで再生したテストトーンを計測する「Space Tune Auto」も備えており、天井や壁からの距離や反射の影響などを解析し、視聴環境に合わせた最適な音質補正を自動的に行います。

BS4K/110度CS4Kの新4K衛星放送チューナーを2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを3基内蔵。別売りの大容量外付けハードディスクをつなげることで、裏番組の2番組同時録画や4K放送ダブル録画が可能です。

ワイヤレスLANも内蔵され、「お部屋ジャンプリンク」でビエラで録画した番組を別の部屋にあるビエラで見たり、スマートフォン/タブレット用の無料アプリ「Panasonic Media Access」を使用して外出外から視聴したり、録画予約など行えます。新たに新4K衛星放送にも対応。

リモコンは、ビエラとBluetooth接続する「新Bluetoothリモコン」を同梱。良く使う機能のアクセス性を向上させるためメニュー画面を一新。キーレイアウトも刷新され、操作性を高めるために、リモコンのエリアを放送視聴操作、基本操作、録画コンテンツを見るための再生操作、ネット動画視聴操作の4つにゾーニングして配置されています。

ホームボタンを押すだけで起動できる「かんたんホーム」では、あらかじめ登録されたネット動画サービスのアイコンからアプリを起動することが可能。従来のNetflix/AbemaTVのほか、Amazonプライム・ビデオ、Hulu、U-NEXT、AbemaTVの専用ボタンも新たに配置され、電源オフ状態からでもボタン一つで、すぐにサービスにアクセスして視聴できます。

リモコン上部にはマイクが内蔵されており、音声による操作も可能。GoogleアシスタントやAmazon Alexaを搭載するスマートスピーカーとも連携でき、ビエラのオン/オフやチャンネルの切替え、ボリューム調整などの操作を話しかけるだけで行うことができます。便利な機能として、省エネ機能「エコナビ」、2画面表示、ビエラリンク、オフ/オンタイマーを備えます。2画面表示は4K放送に新対応。

外部インターフェイスとして、HDMI入力(1・2が40Gbps、3・4が18Gbps対応)×4、ビデオ入力、アナログ音声入力、光デジタル音声出力、サブウーファー端子兼用ヘッドフォン出力、USB 3.0(録画用)、USB 2.0×2、イーサネットを装備。スピーカーとイヤホン音声の同時出力に対応。Bluetoothは送受信に対応し、テレビの音を2台まで同時送信が可能。

スタンドは吸着機能付きの「転倒防止スタンド」を採用。スタンド底面が設置面から離れる力が働くと、テレビ台にしっかり吸着して、倒れにくくし、移動させる場合は「吸着操作スイッチ」を押すことで、簡単に解除が可能。スイッチを隠せるカバーも同梱。テレビを好みの向きに前後15度の範囲で変えられる、スイーベル機能も搭載。

65型の本体サイズは145.1×34.8×89.0センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約39.5キロ。消費電力は254W、年間消費電力量は144kWh/年。

55型の本体サイズは123.1×34.8×76.6センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約28.5キロ。消費電力は219W、年間消費電力量は130kWh/年。

▼こちらで予約できます
Panasonic ハイエンド4K液晶テレビ 4Kビエラ JX950シリーズ 65V型 TH-65JX950
Panasonic ハイエンド4K液晶テレビ 4Kビエラ JX950シリーズ 55V型 TH-55JX950

- スポンサードリンク -