パナソニック、65/55型4K有機ELテレビ「4Kビエラ GZ1800シリーズ (TH-65GZ1800 /TH-55GZ1800)」

投稿日:

パナソニックは、4K有機ELテレビ「4Kビエラ GZ1800シリーズ」として、65型の「TH-65GZ1800」と、55型の「TH-55GZ1800」を、このほど発売しました。価格は、65型が33万円前後、55型が25万円前後。

新4K衛星放送を視聴できるBS4K/110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、4Kならではの高精細で色と光の表現豊かな映像が楽しめる有機ELテレビ。別売りの外付けISBハードディスクを接続すれば、新4K衛星放送視聴中でも裏番組の新4K衛星放送を録画できます。地上/BS/110度CSデジタルチューナーも3基内蔵されているので、視聴中の番組のほか、裏の2番組を同時録画が可能。

ディスプレイは、自発光方式の有機ELパネルで、従来の液晶パネルを遥かに陵駕する色彩と輝度を実現させ、映像本来の「黒」を再現することができます。「オブジェクト検出 倍速処理」も備え、動きの激しいスポーツ映像でも輪郭をクリアに保ちつつ、なめらかに映し出します。解像度は3,840×2,160ドット(4K)。

HDRは、新4K/8K衛星放送に採用されているHLG、Ultra HD Blu-rayのHDR10、インターネットで配信される4K VODのHDR10+、映画にも採用されるDolby Vision(ドルビービジョン)の4方式に準拠し、周囲の環境にあわせて最適に自動調整します。

高画質技術には、画素単位での高いコントラストの表現力と忠実色再現性を両立する独自のパネル制御技術「Dot Contrast パネルコントローラー」、業務用マスターモニターにも採用されている色補正技術3次元カラーマネジメント回路を有機ELパネルの特性にあわせてチューニングした「ダイナミック 3D-LUT」、業務用のマスターモニタの精度に近い「色再現力」を実現する「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載。

また、AI(人工知能)を活用する「AI HDRリマスター」により、SDR映像もHDRのような高コントラスト映像に変換して高画質で視聴可能。地デジ放送やネット動画など、様々な映像を4K画質までアップコンバートする「4Kファインリマスターエンジン」も進化し、映像を部分ごとに解析して最適な処理で高画質化。さらに、新たに素材解像度検出処理を搭載し、4K信号の中でも元素材が8Kなどの高精細なものか、ハイビジョンから4Kへアップコンバートしたものかを認識し、それぞれに最適な高精細化処理を行い、4K映像のリアルで質感あふれる映像を再現します。

スピーカーユニットは、2基のツイーター、4基のミッドレンジスピーカー、4基のウーファーをすべて前向きに配置した3ウェイ仕様。低音を強化するクアッド・パッシブラジエーターも実装。実用最大出力は80W(10W+10W+10W+10W+20W+20W)で、クリアで迫力のあるサウンドを再生します。

高音質技術には、独自の測定方法に基づいた位相補正により、音響特性・音像定位を最適化し、音像を全体的に高め、映像と音の一体感が向上。立体音響技術「ドルビーアトモス」にも対応し、テレビ本体のスピーカーだけで上下/左右から音に包み込まれるような臨場感あふれる立体音響を満喫できます。

ワイヤレスLANも内蔵。インターネットに繋げばNETFLIX、YouTube、dTV、Amazonプライム・ビデオ、ひかりTV 4Kなどの4K画質のVODサービスが楽しめます。Hulu、U-NEXT、AbemaTV、アクトビラなどもあらかじめ登録されているアイコンを選ぶだけで、すぐにアクセスできます。

よく見るチャンネルやネット動画、よく使うアプリをかんたんホームに登録できる「かんたんホーム」には、人気のネット動画サービスのアイコンがあらかじめ登録されているので、好きなサービスに素早くアクセスすることが可能。アプリの追加/削除も簡単にできるのでより使いやすくカスタマイズできます。

同梱のリモコンにある「アレコレ」を押すと、「放送中の番組」「録画番組」「有料ネット動画」「無料ネット動画」をサムネイル付きで一覧表示し、見たい番組、予約したい番組がすぐ見つかる「アレコレチャンネル」が利用できます。NetflixとAbemaTV専用のボタンも用意され、電源オフ状態からでもボタンを一つで、すぐにサービスにアクセスして視聴可能。

そのほか、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを搭載するスマートスピーカーと組み合わせれば、ビエラのオン/オフやチャンネルの切替え、ボリューム調整などの操作を話しかけるだけで行うことができます。省エネ機能「エコナビ」、2画面表示、ビエラリンク、オフ/オンタイマーも利用できます。

外部インターフェイスは、HDMI入力×4(HDCP2.2対応、1系統のみARC対応)、ビデオ入力、データ再生用USB 2.0×2、録画専用USB 3.0、イヤホン出力、光デジタル音声出力、イーサネットを装備。スピーカーとイヤホン音声の同時出力に対応。

65型の本体サイズは144.9×33.0×90.9センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約36キロ。消費電力は475W、年間消費電力量は206kWh/年。

55型の本体サイズは122.8×33.0×78.5センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約29キロ。消費電力は364W、年間消費電力量は173kWh/年。

本体カラーはブラック。同梱品は、リモコン、スタンド(一式)、付属スピーカー壁掛専用部品、クランパー、転倒・落下防止部品(一式)、ケーブルカバーなど。


さらに、最大出力50Wで2基のツイーターと、2基のウーファーで構成する2ウェイスピーカーユニットに変更した4K有機ELテレビ「4Kビエラ GZ1000シリーズ」も発売中です。価格は、65型のTH-65GZ1000が49万円前後、55型のTH-55GZ1000が29万円前後。

▼こちらで購入できます
Panasonic 4K VIERA 65V型 有機EL TH-65GZ1800 TH65GZ1800
Panasonic 4K VIERA 55V型 有機EL TH-55GZ1800 TH55GZ1800

Panasonic 4K VIERA 65V型 有機EL TH-65GZ1000 TH65GZ1000
Panasonic 4K VIERA 55V型 有機EL TH-55GZ1000 TH55GZ1000

- スポンサードリンク -