パナソニック、65/55/49/43型4K液晶テレビ「4Kビエラ GX855シリーズ」

投稿日:

パナソニックは、2基の4Kチューナーを内蔵した、4K液晶テレビ「4Kビエラ GX855シリーズ」を、10月18日に発売する予定です。価格は、65型の「TH-65GX855」が27万円前後、55型の「TH-55GX855」が20万円前後、49型の「TH-49GX855」が16万円前後、43型の「TH-43GX855」が15万円前後。

臨場感たっぷりの新4K衛星放送が楽しめる、2基のBS4K/110度CS4Kチューナーを内蔵した4K液晶テレビ。別売りのUSBハードディスクをつなげば、新4K衛星放送の裏番組録画に対応。

また、3基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーも内蔵されているので、テレビ番組を見ながら、裏の2番組を同時録画が可能。もちろん、新4K衛星放送を見ながら別の新4K衛星放送や従来放送の録画もできます。

ディスプレイは、上下/左右178度の広視野角を実現し、部屋のどこからでも見やすい映像で表示する、解像度3,840×2,160ドットの「4K高輝度IPSパネル」を採用し、HDR映像の高輝度情報も力強く再現します。映像内で物体(オブジェクト)が動く量を検出し、背景とオブジェクトを分離することで、よりクリアな倍速補間が可能となった「オブジェクト検出 倍速処理」にも対応。

高画質技術には、4K映像本来の色を忠実に描き出す独自の「ヘキサクロマドライブ」を搭載。マスターモニターにも用いられる3次元カラーマネジメント回路「3D-LUT」を駆使することで、人肌など淡い色や、陰影の中の微妙な色合いまでも、リアルに表現します。

さらに、LEDバックライトの分割駆動により光を出すエリアをコントロールする「バックライトエリア制御」と、光の情報を解析するアルゴリズムでより緻密なコントラスト処理を行うよう進化させ、より明暗の表現力を高めた「エリアコントラスト制御」の2つの制御を組み合わせた「Wエリア制御」により、高いコントラスト感と明暗の表現力を両立。

「AI HDRリマスター」も備え、AI(人工知能)を用いてSDR映像とHDR映像のデータベースを機械学習させ、その学習データをもとに最適な処理を行うことで、地デジ放送などの通常映像もHDR映像のように高コントラストに変換します。

そのほか、地デジ放送やネット動画といった様々な映像コンテンツを4K解像度まで高精細化する「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。映像を部分ごとに解析して最適な処理で高画質化するとともに、素材解像度検出処理を搭載。例えば4K信号の中でも元素材が8Kの高精細なものか、ハイビジョンから4Kへアップコンバートしたものかを認識することができ、それぞれに最適な高精細化処理を行うことで、4Kならではの質感あふれる映像を楽しめます。

HDRは、HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Visionの4方式に対応し、HDR10+とDolby Visionについては画質認証を取得しています。加えて、ハイダイナミックレンジで写真の臨場感が増した「HLGフォト」の再生もサポート。

ワイヤレスLANも内蔵し、「お部屋ジャンプリンク」でビエラで録画した2K番組を別の部屋にあるビエラで見たり、スマートフォン/タブレット用の無料アプリ「Panasonic Media Access」を使用して外出外から視聴したり、録画予約など行えます。

インターネットに繋げばNETFLIX、YouTube、dTV、Amazonプライム・ビデオ、ひかりTV 4Kなどの4K画質のVODサービスが楽しめます。Hulu、U-NEXT、AbemaTV、アクトビラなども「かんたんホーム」画面にあらかじめ登録されており、アイコンを選ぶだけですぐにアクセスできます。

同梱のリモコンにある「アレコレ」を押すと、「放送中の番組」「録画番組」「有料ネット動画」「無料ネット動画」をサムネイル付きで一覧表示し、見たい番組、予約したい番組がすぐ見つかる「アレコレチャンネル」が利用できます。NetflixとAbemaTV専用のボタンも用意され、電源オフ状態からでもボタンを一つで、すぐにサービスにアクセスして視聴可能。

また、リモコン上部にマイクが内蔵されており、音声による操作も可能。GoogleアシスタントやAmazon Alexaを搭載するスマートスピーカーとも連携でき、ビエラのオン/オフやチャンネルの切替え、ボリューム調整などの操作を話しかけるだけで行うことができます。便利な機能として、省エネ機能「エコナビ」、2画面表示、ビエラリンク、オフ/オンタイマーを用意。

スピーカーユニットは、2基のフルレンジスピーカーをテレビの下部に配置した、アンプ出力が最大15W+15Wの「ダイナミックサウンドシステム」を採用。

高音質技術には、独自の位相補正することで、音響特性や音像定位を改善し、映像の中から聞こえてくるようなリアルな高音質で楽しむことができます。加えて、映像と音声で回路を分離することで低ノイズと低歪みを実現したオーディオ専用回路と、ハイエンドオーディオにも採用されるバイアンプ駆動によりパワフルな音声を響かせます。テレビのスピーカーだけで上下/左右から音に包み込まれるような立体音響を堪能できる立体音響技術「ドルビーアトモス」にも対応。

スタンドは吸着機能付きの「転倒防止スタンド」を採用。スタンド底面が設置面から離れる力が働くと、テレビ台にしっかり吸着して、倒れにくくし、移動させる場合は「吸着操作スイッチ」を押すことで、簡単に解除が可能。スイッチを隠せるカバーも同梱。

外部インターフェイスは、HDMI入力(18Gbps対応)×4、ビデオ入力、アナログ音声入力、光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力、イーサネットを装備。スピーカーとイヤホン音声の同時出力に対応。

65型の本体サイズは145.4×31.9×89.4センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約35.5キロ。消費電力は193W、年間消費電力量は148kWh/年。

55型の本体サイズは123.5×24.8×77センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約24.0キロ。消費電力は176W、年間消費電力量は136kWh/年。

49型の本体サイズは109.9×24.8×69.4センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約20.5キロ。消費電力は162W、年間消費電力量は130kWh/年。

65型の本体サイズは96.6×24.8×61.9センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約17.0キロ。消費電力は155W、年間消費電力量は118kWh/年。

本体カラーはブラック。同梱品は、リモコン、単3形乾電池×2、電源コード(65型除く)、スタンド(一式)、
転倒・落下防止部品(一式)。


また、カラーマネジメント回路「色忠実補正回路」やコントラスト制御「エリアコントラスト制御」など搭載し、2基の4Kチューナーと地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵した、55/49/43型4K液晶テレビ「4Kビエラ GX755シリーズ」も同時発売する予定です。55型の「TH-55GX755」が17万円前後、49型の「TH-49GX855」が14万円前後、43型の「TH-43GX855」が13万円前後。

▼こちらで予約できます
Panasonic 4K VIERA 65V型 TH-65GX855 TH65GX855
Panasonic 4K VIERA 55V型 TH-55GX855 TH55GX855
Panasonic 4K VIERA 49V型 TH-49GX855 TH49GX855
Panasonic 4K VIERA 43V型 TH-43GX855 TH43GX855

Panasonic 4K VIERA 55V型 TH-55GX755 TH55GX755
Panasonic 4K VIERA 49V型 TH-49GX755 TH49GX755
Panasonic 4K VIERA 43V型 TH-43GX755 TH-43GX755

- スポンサードリンク -