ORION、55/50型4K液晶テレビ「OL55RD100」/「OL50RD100」

投稿日:

ドウシシャは、「ORION(オリオン)」ブランドの4K液晶テレビの新製品「RDシリーズ」として、55型の「OL55RD100」と、50型の「OL50RD100」を、このほど発売しました。価格は、55型が7万円前後、50型が6万円前後。

B07RQX61QJB07RV8HD35

フルハイビジョンの4倍の解像度3,840×2,160ドット準拠の高詳細4K液晶パネルを採用し、別売りのBS4K/110度CS4Kチューナーを接続することで、新4K衛星放送が楽しめる4K液晶テレビ。

スリムデザイン設計により、視界の邪魔が少なく、より没入感のある映像を体感できます。また、バックライトは直下型で、光ムラの少ない鮮やかな映像を映し出します。HDRは、新4K衛星放送で採用されているHLG方式と、UltraHD Blu-rayで採用されているHDR10方式の2方式に対応。色彩豊かで、より立体感のある映像を映し出します。

高画質技術には、独自の超解像処理技術「スーパーレゾリューション」を搭載。入力映像を分析し、フレーム間に予測フレームを生成・挿入することで滑らかな映像を表示する「フレーム間補正」、超解像処理レベルを調整できる「ピクチャーエンハンサー」、入力コンテンツに合わせて自然で詳細感のある映像を表現する「ダイナミックガンマ」に対応。目に優しい「ブルーライトガード」もサポート。

チューナー構成は、2基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵。別売りの外付けUSBハードディスクを接続すれば、裏番組を録画することができます。自動チャプター設定、追いかけ再生、早見早聞再生、タイムシフト再生に対応。番組表は週間番組表、ミニ番組表を利用可能。

外部インターフェイスは、HDMI入力×4(ARC対応)、ビデオ入力、光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力、録画用USB端子、イーサネットを装備。最大出力8W+8Wのフルレンジスピーカーユニットも内蔵。

55型の本体サイズは約124.1×24.1×75.9センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約14.5キロ。消費電力は160W、待機時0.4W。

50型の本体サイズは約112.6×20.4×70.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約10.7キロ。消費電力は140W、待機時0.4W。

本体カラーはブラック。同梱品は、リモコン、ミニB-CASカード、B-CASカードカバー、B-CASカードカバー固定ネジ、スタンド、スタンド固定ネジ、転倒防止用フック、壁掛け用アタッチメント(OL55RD100)などが一式。


B07RV8H1SVB07RW9KXX4B07RT3BG6H

そのほか、ハイビジョン液晶テレビの新製品「WDシリーズ」として、32型の「OL32WD100A」、24型の「OL24WD100A」、19型の「OL19WD100A」も発売中です。価格は、32型が3万円前後、24型が25,000円前後、19型が2万円前後。

▼こちらで予約できます
オリオン 55V型 4K液晶テレビ OL55RD100A
オリオン 50V型 4K液晶テレビ OL50RD100A

オリオン 32V型 ハイビジョン液晶テレビ OL32WD100A
オリオン 24V型 ハイビジョン液晶テレビ OL24WD100A
オリオン 19V型 ハイビジョン液晶テレビ OL19WD100A

- スポンサードリンク -