パナソニック、コードレスでも使えるサイクロン式ハイブリッド電源掃除機「MC-HS700G」/「MC-HS500G」

投稿日:

パナソニックは、コード式/コードレス式のどちらでも使えるキャニスター型サイクロン掃除機「ハイブリッド電源掃除機 MC-HS700G-S」と「同MC-HS500G-W」を10月20日より発売します。価格はMC-HS700Gが108,000円前後、MC-HS500Gが100,000円前後。

B00EY2VEX2B00EY2VFK4

- スポンサードリンク -

キャニスター型の掃除機としては、業界初のコード式でもコードレス式でも使えるという交流・充電両用のハイブリッド電源掃除機。ゴミが多い場所の掃除ではパワフルなコード式で使用し、コードがじゃまになる廊下や階段、狭い場所やコードが届かない場所などの掃除ではコードレス式で使用でき、1台で掃除方法を使い分けができます。

コードレス式については、新開発の充電式バッテリー「ハイパワーリチウムイオン電池」を搭載することで、コードレス式であっても強い吸引力と持続力を備えています。バッテリーの電圧は、家庭用掃除機の電源としては業界最高となる50.4Vを実現させ、同社が2003年に発売したコードレス式掃除機「MC-BF200」に搭載されていたニッケル水素電池と比べ、充電池の本数を約1/3に抑えながら、強いパワーと持続量を両立させています。

バッテリーの充電方式は、掃除機本体ごと充電台に載せる方式と、本体から取り出してバッテリーのみで充電を行う方式から選択。充電時間は約5時間で、バッテリー稼働時間は、「強」運転で約15分、「自動」運転で約20分。

また、バッテリーを搭載しながら、本体質量4.9キロを実現させており、従来のコード式掃除機「SS320GX」の5.1キロよりも200グラム軽く、本体サイズも全長58ミリに小型化したことで、小回り性が向上しています。さらに、MC-HS700Gにはスマーフォンなどを充電できるUSBポートも装備してます。

ノズルは新しい「パワフル自走ノズル」を採用。回転数をアップした新「高トルクモーター」により、コード式でもコードレス式でも高い集じん力と軽操作の両立を実現。そのほか、親ノズル・小ノズルの両方に「LEDナビライト」が装備されるほか、目に見えない約20μmのハウスダストまで検知してランプが光って知らせてくれる「ハウスダスト発見センサー」なども備えます。

集塵容積は0.4リットル。本体サイズは286×342×360ミリ(幅×奥行き×高さ)。運転音はコード式時が約54~57dB、コードレス時が53dB。本体カラーはメタリックシルバー。同梱品は、すき間用ノズル、ホースかけなど。

下位モデルのMC-HS500Gは、MC-HS700Gのメタルメッシュフィルターからメッシュフィルターに変更され、USBポートが省かれます。本体カラーはホワイト。

- スポンサードリンク -