サンコー、前後赤外線LED付きデュアルレンズドライブレコーダー(DVR7080G)

投稿日:

サンコーは、ドライブレコーダーの新製品「前後赤外線LED付きデュアルレンズドライブレコーダー(DVR7080G)」をこのほど発売しました。価格は7,980円。

B00CM26X1O

車のフロントガラスに吸盤で固定し、シガーアダプターを接続するだけで使用できるドライブレコーダー。搭載カメラは前方用と室内用の2個搭載。事故発生時の記録はもちろん、ドライバーの運転状況も同時に記録できます。

また、赤外線LEDライトを前後に各4灯計8基搭載しているのも特長で、夜間走行時にヘッドライトと併用することで、通常撮影より見やすい映像で撮影することが可能になりました。赤外線LEDライトはセンサー式なため、夜や暗い場所で自動的に点灯する仕組み。

撮影モードは、エンジンのON/OFFと連動する「自動レコードモード」を搭載。エンジンを始動すると同時に撮影を開始し、エンジンを切れば、自動的に撮影を終了しデータが保存されます。撮影したい時にボタンを押して撮影する手動モードも用意。記録メディアは、32GBまでのmicroSD/SDHCカードを使用し、差し替えることで映像を撮りためることが可能。保存形式は動画がAVI、静止画がJPEG。保存解像度は動画が1,280×480ドット、静止画が2,560x1,920ドット。

レンズは120度広角レンズを使用。液晶モニターのサイズは2.0インチで、液晶モニター自体が270度回転し、録画データを素早く確認することができます。外部インターフェイスは、microSD/SDHCカードスロット、USB 2.0端子、マイク、スピーカーを装備。

本体サイズは52×103×30mm(幅×奥行×高さ)、質量は85g。

- スポンサードリンク -