JBL、Lightningコネクタ搭載Bluetoothスピーカー「ONBEAT RUMBLE (ONBEATRUMBLEBLOJN)」

投稿日:

ハーマンインターナショナルは、Lightningコネクタを搭載したJBL製のBluetoothスピーカー「ONBEAT RUMBLE (ONBEATRUMBLEBLOJN)」を5月上旬より発売します。価格は46,800円。

B00CHGIN36B00CHGIN36

Lightningコネクタを搭載し、iPhone 5や第4代iPad、iPad mini、第5世代iPod touch、第7世代iPod nanoをドックに接続して音楽再生と充電が行えるスピーカー。

Bluetooth 2.1+EDR(A2DP/AVRCP)も内蔵し、対応するスマートフォンやミュージックプレイヤー、ノートPCなどの音楽をワイヤレスで再生することができます。

本体には、64mm径のフルレンジドライバー×2、および114mm径のサブウーハー×1を搭載した2.1chシステムを採用。アンプの総合出力は50W(11W×2ch+28W)で、バスレフポート効果を引き出す独自の「スリップストリーム・ポートテクノロジー」により、サイズを超えたパワフルな低音再生を実現。低音を強調させたい時に最適な「BASS」モードと、高音域を際立たせる「CLUB」モードの2つのEQプリセットパターンも搭載しており、併用して使用することも可能。

また、iOS機器専用アプリ「JBL MusicFlow」を用意し、iOS機器でプレイリストを作成したり、5種類のプリセットパターンのEQ機能を利用できます。

外部インターフェイスは、デスクトップPCやポータブルプレイヤーなどと接続できる3.5mmステレオミニ入力端子や、iOS機器の充電ができるUSB端子を装備。さらに、Algoriddim社「djay」などiOS用DJアプリでヘッドホンでのモニタリングが行えるモニター用へッドホン出力端子も備え、アプリの設定でモニター・スプリット機能をオンにすれば、スピーカーで音を出しながら、ヘッドホンで次曲などをモニタリングすることができます。

本体サイズは453×223×169mm、質量は3.3kg。

- スポンサードリンク -