JBL、Lightning対応Bluetoothスピーカー「JBL ONBEAT VENUE LT (ONBEATVENLTBLKJN/ONBEATVENLTWHTJ)」

投稿日:

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetoothスピーカー「JBL ONBEAT VENUE LT」を発売。ブラックモデルの「JBL ONBEAT VENUE LT ONBEATVENLTBLKJN」 と、ホワイトモデルの「JBL ONBEAT VENUE LT ONBEATVENLTWHTJ」の2モデルを用意し、ブラックモデルは発売中。ホワイトモデルは2013年春発売予定。価格は20,000円前後。

- スポンサードリンク -

最新機種のiPhone 5やiPad(第4世代)、iPad miniなど、Lightningコネクタを備えたiOS端末を接続できるワイヤレススピーカー。

Bluetoothに対応し、ペアリングしたBluetooth機器の音楽をワイヤレスで再生したり、LightningコネクタからiOS端末を充電しながら音楽再生が行えるのが特長。Bluertooth 2.1+EDR対応で、A2DP/AVRCP/AACプロファイルをサポート。

スピーカーは、76mm径ウーハーと38mm径ドームツィーターの2ウェイスピーカーシステムを装備。出力30Wのデジタルアンプも内蔵し、ワイドレンジでハイクオリティなHi-Fiサウンドを実現。背部バスレフポートには独自の「スリップストリーム・ポートテクノロジー」を採用したことで、パワフルな低音再生が可能です。

外部インターフェイスは、Lightningコネクター×1、3.5mmステレオミニジャック(AUX入力)×1を搭載。このほか、iOS専用の無料アプリ「JBL MusicFlow」を使用することで、プレイリストの作成機能や、5種類のプリセットイコライザー機能が利用でき、直感的な操作により、好みの曲順と音質で音楽を聞けます。

本体サイズは415×138×138mm(幅×奥行×高さ)、質量は2.25kg。

JBL ONBEAT VENUE LT

- スポンサードリンク -