iriver、ポータブルハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK240 256GB ガンメタル(AK240-256GB-GM・AK240256GBGM)」

投稿日:

アユートは、iriverブランドのポータブルHi-Fiオーディオ「Astell&Kern」のフラッグシップモデルとなる「Astell&Kern AK240 256GB ガンメタル」をこのほど発売しました。価格285,000円。

本体サイズが107×66×17.5ミリ(縦×横×厚さ)、重さ185グラムの軽量コンパクトボディに、480×800ドット/3.31型アクティブマトリクス式有機ELディスプレイを搭載し、高音質なハイレゾ音源をいつでも再生できるポータブルHi-Fiオーディオプレーヤー。

DACは、シーラスロジック製ハイエンドDAC-IC「CS4398」を左右に1基ずつ独立して搭載したデュアルDAC構成を採用。グランドも左右独立することで、クロストークやSN比の改善、ダイナミックレンジの拡大と低歪み化などで非常に優れたオーディオ特性を実現。設定を任意の名前で複数プリセットできる10バンドのイコライザや、プロのエンジニアが設定したという「PRO EQ」、ギャップレス再生なども装備。

再生ファイル形式は、WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE(Normal, High, Fast)、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。うち、FLAC、WAV、ALAC、AIFFは最大192kHz/24bit、32bit(Float/Integer)で、Integerは24bitにダウンコンバートで対応。また、DSDファイルのネイティブ再生にも対応しており、最大DSD128(5.6MHz/1bit)までサポート。

データ量の多いハイレゾ音源を保存するため、内蔵ストレージは256GBを搭載。さらに128GBまでのexFAT対応microSDXCカードを利用することで計384GBの大容量を確保します。

また、ハイレゾ音源を途切れなくスムーズな再生と快適な操作を行えるよう、高性能なデュアルコアプロセッサーを採用。OSはAndroidをベースに独自にカスタマイズされており、本製品に最適化。ディスプレイは、静電容量方式タッチ式で、直感的な操作が可能です。

ワイヤレス通信機能は、2.4GHz帯のIEEE 802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0(A2DP、AVRCP)を内蔵。専用ソフトをパソコンにインストールすることで、パソコン内に保存されているハイレゾ音源を含む様々な音楽データをWi-Fi経由でストリーミング再生で楽しめます。

外部インターフェイスは、USB、microSDXCカードスロット、ヘッドフォン出力(光デジタル出力兼用)、2.5ミリ/4極のバランス出力を備えます。バランス出力のピンアサインは先端からR-/R+/L+/L-。USB端子はUSB-DAC機能をサポート。

そのほか、高級感あふれる本体は航空機でも使用される軽量で剛性の高いジュラルミンを使用した削り出しで、背面部分には、カーボンファイバー素材のプレートを採用。本体デザインについては、ライカのカメラなどを手がけたデザイナーが、斜め上から光を当てた陰影をイメージにスタイリッシュにデザイン。剛性や質感を両立しながら軽量化をも実現させ、不要共振も抑える効果もあるということです。本体カラーはガンメタル。

バッテリ駆動時間は最大約10時間。付属品は、microUSBケーブル、MINERVA製イタリアンリアルレザーケース、画面用保護シート(予備)、背面用保護シート(予備)など一式。

専用オプションとして、MINERVA製の専用ケース(ブラック)「AK240-CASE-BLK」を用意。価格は8,950円前後です。

iriver Astell&Kern AK240 256GB ガンメタル
AK240専用ケース AK240-CASE-BLK

- スポンサードリンク -