iriver、ポータブルハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK120II(AK120II-128GB-SLV・AK120II128GBSLV)」/「Astell&Kern AK100II(AK100II-64GB-BLU・AK100II64GBBLU)」

投稿日:

アユートは、ポータブルHi-Fiオーディオプレーヤーの新製品「Astell&Kern AK120II 128GB ストーンシルバー」と、「Astell&Kern AK100II 64GB スモーキーブルー」をこのほど発売しました。価格はAK120IIが208,000円、AK100IIが109,800円。

- スポンサードリンク -

両製品とも、CD音源よりも高音質なハイレゾ音源を再生できるポータブルHi-Fiオーディオプレーヤー「AK120」「AK100」の第2世代モデル。第1世代モデルからDSD128再生やWi-Fiストリーミング機能、バランスアウト端子などの強化が図られています。

AK120II は、フラッグシップモデル「Astell&Kern AK240」の機能の一部を継承しており、DACはシーラス・ロジック製ハイエンドDAC-IC「CS4398」に強化され、トゥルーデュアルモノラルでGNDとともに左右1基づつ独立して搭載したデュアルDAC構成を採用。これにより、クロストークやSN比、ダイナミックレンジなどが大幅に改善されています。

再生ファイル形式は、WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。PCM音源再生は、最大384kHz/32bitに対応で、ネイティブ出力は192kHz/24bitまで。また、DSD128再生では、最大5.6MHz/1bitまでサポートし、PCMの176.4kHz/24bitに変換しながらの再生となります。

データ量が多く、高負荷のかかるハイレゾ音源を途切れのないスムーズな再生と、軽快な操作性を実現させるため高性能デュアルプロセッサーを搭載。ディスプレイは、静電容量式タッチ式の480×800ドット/3.31型アクティブマトリクス式有機EL「AMOLED」を搭載。ストレージは128GBメモリを内蔵。128GBまで対応するmicroSDXCカードを使えば、保存容量を最大256GBまで増やせます。

ワイヤレス通信機能は、IEEE 802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0(A2DP、AVRCP)を内蔵。パソコンに専用のサーバーソフトをインストールすれば、パソコンに保存されているハイレゾ音源を含む様々な音楽データをWi-Fi経由で楽しめるストリーミング再生機能が利用できます。対応OSはWindows 8.1/8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.7以上。

外部インターフェイスはUSB、SDカードスロット、イヤホン(アンバランス)出力を装備。USBは、充電とデータ転送のほか、USB-DAC機能に対応。イヤホン出力は光デジタル出力兼用。ディスクリート構成のアンプと2.5ミリ/4極のバランス出力も搭載し、高音質な音声をロスなくイヤホンやヘッドホンへ伝達。

本体サイズは55×118×14.9ミリ(横×縦×厚さ)、質量は約177グラム。第1世代モデルよりもスリムになり、アルミ素材を活かしたスタイリッシなデザインに変更。ボリューム調整の位置も変更され、さらに使い勝手が向上。本体カラーはストーンシルバー。

バッテリ駆動時間は約11時間。付属品はmicroUSBケーブル、イタリアンPUレザーケース、画面用保護シート(予備)、microSDカードスロットカバー×2、背面用保護シート(予備)などが一式。レザーケースは、イタリアの高級皮革ブランド「BUTTERO」製で、クロコダイル柄を使用し、職人が1つ1つ丁寧に作られています。

AK100IIは、AK120IIからDACを1個省略。ストレージ容量も64GBに減らすことで価格を抑えた下位モデル。あとはAK120IIとほぼ同じ仕様です。

本体サイズは55×111×14.9ミリ(横×縦×厚さ)、質量は170グラム。AK120IIよりも少しコンパクトで軽量。本体カラーはスモーキーブルー。

Astell&Kern AK120II 128GB ストーンシルバー
Astell&Kern AK100II 64GB スモーキーブルー

- スポンサードリンク -