パナソニック、スリムオーディオ“D-dock”の新モデル「SC-HC55/HC35/HC05」

投稿日:

パナソニックは、iPhone/iPodの音楽再生や充電に対応するスリムデザインのオーディオシステム「D-dock」の新モデル3機種を3月18日より順次発売します。

20110311_d-dock01.JPG

20110311_d-dock02.JPG20110311_d-dock03.JPG

ラインナップはCDプレイヤー+FM/AMチューナ搭載の「SC-HC55」と「SC-HC35」、CDプレイヤー+FM/AMチューナを省略した「SC-HC05」を用意。価格は順に37,000円前後、30,000円前後、25,000円前後で、SC-HC55/HC35が3月18日発売。SC-HC05は4月中旬発売。

カラーバリエーションは、HC55がブラック(-K)とレッド(-R)。HC35がシルバー(-S)、ホワイト(-W)、ピンク(-P)の3色。HC05がブラック(-K)とホワイト(-W)。

薄型スタイリッシュデザインのボディ前面に、電動スライドドア付きでDockコネクタ搭載のiPhone/iPod格納スペースを備えているのが特長。新モデルでは、音質劣化が少ないフルデジタル伝送方式の採用で、iPod/iPhoneの音楽をより高音質で再生できるようになり、スピーカー部に高精細メタルネットを使用したことで質感を向上させています。SC-HC55では、メタルネットに光沢を施し、さらに上質な仕上げになっているほか、手をかざして動かすだけで電動スライドドアが自動開閉する「タッチフリーセンサードア」も搭載するプレミアムモデルとなってます。対応機種はiPhone 4/3GS/3G、第5世代以降のiPod、iPod nano/touch/classic。

20110311_d-dock04.JPG 20110311_d-dock05.JPG

また、HC55とHC05は、Bluetooth機能を搭載。「Bluetoothリ.マスター」により、手元のiPhone/iPod touchからワイヤレスで高音質な音楽再生が可能。プロファイルはA2DP/AVRCPに対応し、HC55のみiPhoneのハンフリー通話ができるHFPをサポート。加えて、インターネットラジオアプリ「vTuner for Panasonic」をダウンロードしてiPhone/iPod touchにインストールすることで、D-dockのリモコンでラジオアプリの機能を操作できます。

スピーカーのコーン部には「新竹繊維振動板」を採用。

羽毛化した竹繊維で剛性をアップすることにより、明瞭でキレのあるボーカルを再現します。また「Wパッシブラジエーター」により、スピーカーBox内側の低域振動を出力し、小型ながら豊かな低音を実現。左右それぞれ前後に搭載することで、筐体の振動も抑え、歪みの少ない迫力ある低音が楽しめます。

全機種アンプ出力は、20W×2ch。スピーカーユニットは6.5cm径ウーファ×2、8cm径パッシブラジエータ×4を搭載し、HC55とHC05は、1.5cmのツイーターも備え、高域までさらにクリアにでき、上質なサウンドを実現させています。さらに、HC55とHC05には、本体面から乱反射する音の歪みを演算補正で取り除く「ピュアダイレクトサウンド」も装備。

このほか、AUX 入力を全機種に用意し、iPhone/iPod機器以外のプレイヤーと接続可能。HC55/HC35はヘッドフォン端子も搭載。

サイズ(幅×奥行き×高さ)と重量は、HC55/HC35が480×84×194mmで約2.4kg。HC05が370×85~121×176mmで約1.8kg。消費電力はHC55/HC35が28W(スタンバイ時約0.07W)、HC05が16W(スタンバイ時約0.05W)。

▼「SC-HC55」の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング


▼「SC-HC35」の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング


▼「SC-HC05」の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング

- スポンサードリンク -