iKanzi、完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X9」

投稿日:

iKanzi(イカンジ)は、Bluetooth 5.0+EDRに対応した、左右分離型の完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X9」を、このほど発売しました。Amazonでの販売価格は4,980円(2019年6月時点)。

B07QS2T5H8

従来のBluetooth 4.2と比較して、より高い伝送速度と安定した接続を実現し、ワイヤレス通信が大幅に向上させた、Bluetooth 5.0+EDR対応の完全ワイヤレスイヤホン。両耳でも片耳でも使えます。

イヤホン本体は、人間工学に基づいたデザインを採用し、耳にしっかりフィット。質量も単体約4グラムの軽さで耳に負担を与えず、長時間の装着でも疲れません。また、IPX7相当の防水設計により、スポーツ時の汗や急な雨にも耐えることができ、安心して使用できます。

音質は、豊かな低音域からナチュラルな中音域、クリアな高音域までバランスの良い正確な高音質を実現し、迫力のある音楽を楽しめます。加えて、軽くて高い純度なカーボンナノチューブ振動膜を採用し、歪みのない豊かなサウンドを表现します。

さらに、CVC8.0ノイズリダクション技術を採用し、周囲の環境に影響されずクリアな高音質で再生可能。CVSD音声符号化アルゴリズムがDSPシグナルプロセッサーと連携し、ノイズ低減やエコーキャンセルを実現。

B07QS2T5H8 B07QS2T5H8


マイクも内蔵し、ハンズフリー通話が可能。片耳モードでは2つの独立したBluetoothヘッドセットとして使用でき、別々にデバイスに接続することが可能。

イヤホン側面のロゴ部分にあるボタンで様々な操作が行うことができ、ワンボタンで音楽再生、曲の再生/停止、通話応答/通話終了、Siriの起動/終了、さらには右側イヤホンを3秒以上押しで音量(+)、左側イヤホンを3秒以上押しで音量(-)の音量調節に対応。

バッテリーが内蔵されており、イヤホンのみで3~4時間の音楽再生や通話が可能。同梱の充電ケースにも2,200mAhのバッテリーを搭載し、イヤホンを収納すれば最大約23回分の充電ができ、合計で最大約90時間の音楽再生が行なえます。また、イヤホンケースの収納部分にはマグネットが装備されており、イヤホン収納時にしっかりと吸着するので、失くしたり落としたりする心配がありません。

さらに、ケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入り、イヤホン同士のペアリングが自動的にされます。一度、ペアリングしたことのあるデバイスは2回目以降からは自動的に接続が行われます。そのほか、モバイルバッテリーとして、スマートフォンを充電することも可能。

B07QS2T5H8 B07QS2T5H8


製品仕様は、BluetoothプロファイルがA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックがAAC SBCに対応。通信距離が10~15メートル。使用周波数帯域が2,402MHz~2,480MHz。本体カラーはブラック。同梱品は、充電ケース、携帯用収納袋、充電用ケーブル、専用イヤピース(S/M/L)が一式。

▼こちらで購入できます
iKanzi、完全ワイヤレスイヤホン TWS-X9 ブラック

- スポンサードリンク -