タイガー魔法瓶、ごはんとおかずの同時調理が可能なIH炊飯ジャー「みんなのtacook (JKT-S100・JKT-S180)」

投稿日:

タイガー魔法瓶は、ごはんとおかずの同時調理できるIH炊飯ジャー「tacook(タクック)」シリーズの新製品として、「みんなのtacook JKT-S型」を8月21日より発売します。価格は5.5合炊きの「JKT-S100-T」が48,300円、1升炊きの「JKT-S180-T」が51,400円。

- スポンサードリンク -

炊飯ジャー本体に、内なべとクッキングプレートを装備することで、ごはんとおかずを同時調理ができ、時短と節電を可能にしたIH炊飯ジャー。ユーザーの要望に応え、大きめにサイズアップし、子供さんがいるファミリー層をターゲットに、様々な同時調理メニューが楽しめるファミリーサイズ(5.5合炊き、1升炊き)をラインアップ。

炊飯機能では、ごはんのおいしさにこだわり、土鍋コーティングの「W銅入5層遠赤特厚釜」(2.5センチ)を採用したほか、お米本来の甘み(旨み)を引き出すことができるなべ底温度が約130度の高加熱「剛火(つよび)IH」を採用。これらにより、土鍋釜で炊いたようにごはんがおいしくなり、同時調理による時短と節電を実現させています。さらに、付属の「クックブック」で紹介している45種のバラエティ豊かなメニューを楽しみながら作れるのも大きな魅力となっています。

同時調理では従来製品と同様、内なべとメニューの材料を入れたクッキングプレートをセットし、「白米」メニューを選択して炊飯キーを押せば、炊飯中の蒸気が同時にクッキングプレートの中の食材を加熱調理します。上段で調理、下段で炊飯と分かれているので、調理の具材でごはんがつぶれることがありません。また、クッキングプレートの底面には穴があいていないので、調理の汁気が下に落ちることがなく、ごはんに味がうつることもありません。なお、炊飯との同時調理の場合は炊飯量は5.5合炊きの場合は2合まで、1升炊きの場合は4合までしか炊けません。

炊飯メニューは、「エコ炊き」「白米」「早炊き」「極うま」「早炊き」「炊込み」「おかゆ」「玄米」「GAVA増量」「雑穀米」「おこわ」「調理」「パン」を用意。

そのほか、ふたは分解・取り外しすことができ丸洗いができるようになった独自の新構造を採用。加えて、おねばがついても剥がれやすい「お手入れシボフレーム」や表示が見やすい「オレンジクリア液晶」なども新たに採用し、お手入れのしやすさと、使いやすさにもこだわっています。

容量は5.5合炊きが0.18~1.0リットル、1升炊きが0.36~1.8リットル。消費電力は5.5合炊きが1,200ワット、1升炊きが1,350ワット。本体サイズと質量は、5.5合炊きが26.0×35.4×21.1センチ(幅×奥行×高さ)で、4.3キロ。1升炊きが28.8×38.6×24.9センチで、5.4キロ。本体カラーはブラウン(T)。

また、下位モデルとして土鍋コーティングの3層遠赤特厚釜を採用した「JKT-A型」もラインアップ。「パン」メニューが省かれているほか、本体カラーはブラック(K)となります。

5.5合炊きの「JKT-A100」と、1升炊きの「JKT-S180」を用意し、価格はいずれもオープン。

TIGER IH炊飯ジャー 「炊きたて」 みんなのtacook (5.5合) JKT-S100-T
TIGER IH炊飯ジャー 「炊きたて」 みんなのtacook (1升) JKT-S180-T

TIGER IH炊飯ジャー 「炊きたて」 みんなのtacook (5.5合) JKT-A100-K
TIGER IH炊飯ジャー 「炊きたて」 みんなのtacook (1升) JKT-A180-K

- スポンサードリンク -