ソニー、バッテリー搭載のヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」/「HMZ-T3」

投稿日:

ソニーは、ヘッドマウントディスプレイの新製品で、ワイヤレスタイプの「HMZ-T3W」と、ワイヤードタイプの「HMZ-T3」を11月中旬に発売します。価格はHMZ-T3Wが100,000円前後、HMZ-T3が80,000円前後。

両製品とも、バッテリーを新たに搭載しており、AC電源のない場所でも利用できるようになったほか、ブルーレイプレーヤーやPS3をはじめ、スマートフォン/タブレットなどのモバイル機器とHDMIやMHLで接続することで、様々なメディアコンテンツを映画館クラスとなる750型相当の仮想ワイドスクリーンで楽しむことが可能。3D表示にも対応します。

ディスプレイ部には、1,280×720ドットのHD有機ELパネルと、広水平視野角45度を実現した光学レンズを搭載。有機ELパネルの性能をより引き出すLSI内の新開発エンハンスエンジンにより、高解像感を実現。また、画素単位で映像情報をより詳細に解析し、映像の特性に合わせた高精度なエンハンス処理を行い、それぞれの映像の特性に合わせた自然で精細感ある映像を表現します。これにより、旧作映画などはくっきりと、新作映画などはなめらかで鮮明な映像として映し出します。

新開発のLSIは、従来複数に分かれていたLSIを一つに集約したことにより、データをより高精度で受け渡すことができ、階調補正技術であるSBMVの効果をより活かすことができるようになったほか、虹の彩りなど微妙な色合いも感じられる、より滑らかな階調表現が可能。同時に、画像処理で発生する映像遅延も最小で1フレームまで短縮することが可能で、有機ELパネルの優れた動画応答性と合わせて、ゲームでの操作をダイレクトに反映することができます。

光学ユニットは、45度の広視野角を実現する光学ユニットを刷新し、非球面型レンズの形状等の設計を最適化。これにより、画面全体の解像力を向上させ、ヘッドマウントユニットの装着位置がずれた際の映像のボケ具合を改善しています。

音響技術では、独自の音響解析技術とデジタル信号処理を用いた「7.1ch VPT(Virtualphones Technology)」に対応。従来の5.1ch VPT以上に臨場感あふれるサラウンド音場を作り出します。さらに、ブルーレイディスクの「Dolby True HD」や「DTS-HD」など、さまざまな高音質フォーマットに対応し、聞こえてくる音源があたかも前方や後方に置いたスピーカーから再生されているような、立体感のある音場を体感できます。

プロセッサーユニットには、HDMI入力を2ポート増設し、計3系統とすることで、PCやPS3などのゲーム機、ブルーレイディスクレコーダーなど、複数の機器を接続できるようになっています。

上位機種の「HMZ-T3W」は、音声を非圧縮かつ低遅延でワイヤレス伝送できるWirelessHDを搭載し、バッテリーユニットとプロセッサーユニットとのワイヤレス接続を実現。従来モデルのようなヘッドマウントユニットとプロセッサーユニット間のケーブルが不要になり、ケーブルの長さにとらわれることなく、部屋の好きな場所でより快適に楽しめます。通信距離は見通し約7メートル。

本体サイズはともに、ヘッドマウントユニット部が189×270×148ミリ(幅×奥行×高さ)で、バッテリーユニット部が80×119×26ミリ(幅×奥行×高さ)。プロセッサーユニット部は150×107×31ミリ(幅×奥行×高さ)。バッテリ稼働時間は、HDMI動作時で約7時間、MHL動作時で約3時間。HMZ-T3Wの無線動作時では約3時間となります。

同梱品はACアダプター×2、電源コード×2、HDMIケーブル、ライトシールドのほか、キャリングケースを新たに同梱。また、HMZ-T3Wには大口径16mmのダイナミック型ドライバーユニットを搭載したヘッドホンが、HMZ-T3には13.5mmのダイナミック型ドライバーユニットを搭載したヘッドホンが付属します。

SONY ヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T3W』
SONY ヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T3』

- スポンサードリンク -