富士フイルム、マルチタッチ対応液晶搭載のコンパクトデジカメ「FinePix Z900EXR」

投稿日:

富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」の新モデル「Z900EXR」を、4月16日より発売します。

20110407_finepix.jpg

有効画素数1600万画素の1/2型「EXR CMOSセンサー」と、画像処理エンジンに「EXRプロセッサー」を組み合わせたデジタルカメラ。前モデルで好評だったワイドタッチパネル液晶も備え、今回はマルチタッチ操作に対応したことで、再生画像を2本の指で広げたり狭めたりすることで拡大/縮小表示できます。本体を縦に持てば上下に2画面に自動で切り換え、2画面を独立操作できます。

撮影では、「プレミアムEXR AUTO」機能により、49パターンの画質設定の組み合わせから、シーンに応じて最適なものをカメラが自動で選んでくれます。シャッターは、液晶に触れるだけで切れる「タッチEXRオート」を搭載し、より簡単な操作で撮影が楽しめます。

撮影機能は、人物やペットなどの顔を自動で検出してキレイに撮れる機能や、動き回る赤ちゃんを撮影するのに便利な「ベビーオートシャッター」、登録した人を優先してピント・明るさを合わせたり、検索も可能な「個人認識」機能、恋人同士の顔の距離が近づくと自動でタイマー撮影を行う「恋するタイマー」機能など搭載。

1,920×1,080ドットのフルHD動画撮影も可能で、従来品から明るさが40%向上してます。記録メディアは、内蔵の64MBメモリと、SD/SDHC/SDXC対応カード。

レンズは、新開発の広角28mmからの屈曲型フジノン光学式5倍ズームレンズ(F3.9~4.9/35mm換算28mm~140mm相当)を採用。この新レンズのおかげで、本体最薄部15.2mmのスリムボディを実現させたということです。

サイズは100.8×18.2×59mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約151g。カラーはレッド、ピンク、ホワイト、ブルー、シルバーの5色が用意され、価格は29,800円前後。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。