エミライ、ハイレゾプレーヤー「FiiO X3 MarkIII Black (FIO-X3MK3-B) /Red (FIO-X3MK3-R)」

投稿日:

エミライは、FiiO Electronics製ハイレゾ対応ポータブルデジタルオーディオプレイヤー「FiiO X3 MarkIII」を、このほど発売しました。価格は24,000円(税抜)。

B079M72CD2B079MCVG5R

米Texas Instruments社のDACチップ「PCM5242」をL/R独立させたデュアル・モノラル構成で搭載し、最大192kHz/24bitまでのPCMデータおよび2.8MHzまでのDSDデータの再生に対応したハイレゾプレーヤーのエントリー製品。


3.5ミリのシングルエンドヘッドホン出力と、X3シリーズでは初採用となる2.5ミリのバランス出力を装備。手持ちのヘッドホンやイヤホンに応じて高品位なサウンドが楽しめます。また、バランス出力とバランス伝送を採用した回路構成と、デュアル・モノラルDAC構成によって、効果的なノイズ除去と高いSN比を実現。

ヘッドホン出力は、ライン出力、同軸デジタル出力と兼用。同軸デジタル出力では、DSD信号をPCM信号にリアルタイム変換して出力することができ、2.8MHzのDSDデータの再生も可能です。

多くのインライン・コントロール信号にも対応しており、リモコンを搭載する数多くのヘッドセットで、本製品の次/前のトラック、再生/一時停止、音量コントロールの操作が行なえます。対応インピーダンスは16~150 Ω。

さらに、PCとUSB接続することで最大192kHz/24bitのPCMデータの再生に対応する、アシンクロナス方式のUSB-DACとしても利用することが可能です。Macと接続した場合は、ドライバーをインストールする必要はなく、接続すると自動的に認識されます。Windows PCでは専用ドライバーが必要となりますが、WASAPIのほかASIOも利用できるということです。

再生可能な音楽ファイルはDSD 64、APE、FLAC、WAV、Apple Lossless、AIFF、AIF、WMA、MP3、OGGなどに対応。マイクロSDXC対応メモリーカードスロットも備え、最大512GBまで拡張できます。

本体正面には、320×240ドットのディスプレイを装備。従来のX3シリーズと同様、5ボタンとスクロール・ホイールも配置され、ホイールの品質を向上させたほか、より機敏な動作を実現して操作の応答速度を改善しています。

ワイヤレス通信はBluetooth 4.2を内蔵。モジュール部には、低レイテンシーのデータ送信を実現するF1C81チップセットを採用しており、音楽信号のドロップを限りなく低減して再生します。加えて、デュアルモードに対応しており、BluetoothリモコンやBluetoothヘッドセットなどと同時にペアリングすることが可能。

また、DAC、ローパス・フィルタ(LPF)、ヘッドホンアンプ回路の全てがディスクリート設計となっているため、外部干渉が音質に与える悪影響を大幅に低減。加えて、本体内部がデジタル処理用、アナログ増幅用、Bluetooth用に3つに分割された構想を採用しており、相互に悪影響を及ぼさないよう入念な設計が施され、無線接続でも有線接続でも優れた音質を実現しています。

電源は高速充電対応リチウムポリマーバッテリー。バッテリー容量は2,350mAhで、連続再生可能時間は10時間。新しい省電力スタンバイモードと、新しいディープスリープモードを搭載し、新しい省電力スタンバイモードでは19日間という長期間待機を実現。

本体サイズは59×12.8×114ミリ(幅×奥行き×高さ)、質量は126グラム。本体カラーはブラックとレッドの2色から選べます。

▼こちらで予約できます
FiiO X3 MarkIII Black FIO-X3MK3-B
FiiO X3 MarkIII Red FIO-X3MK3-R

- スポンサードリンク -