エミライ、ハイレゾプレーヤー「FiiO M7 FIO-M7-S/FIO-M7-B」

投稿日:

エミライは、FiiO Electronics製ハイレゾ対応ポータブルデジタルオーディオプレイヤー「M7」を、このほど発売しました。価格は27,700円(税抜)。

B07DXM2F7GB07DXFLFMX

ハイレゾ相当のワイヤレス再生にフル対応した、新しいスタンダードとなるFiiOの次世代ハイレゾプレーヤー。

プロセッサーに、FiiOのデジタルオーディオプレーヤーでは初となる、高速動作と低消費電力を両立させたサムスン製14ナノメートル FinFETプロセスのデュアルコアSoC「Exynos 7270 (1GHz)」を採用し、優れた電気的安定性を持つ6層マルチステージHDI(高密度相互接続)基板に搭載。

Exynos 7270が内蔵する2基のARM Cortex A53コアは、従来の28ナノメートルプロセスと比較して電力効率が20パーセントアップしたほか、40パーセントの小型化を実現。これにより、消費電力の低減と冷却の効率化で、より大きなバッテリーを搭載することができるようになり、従来製品と比べて大幅な長時間の連続再生を実現することになりました。

また、ESS Technology社の32ビットDAC内蔵SoC「ES9018Q2C」を搭載。高性能DACとヘッドフォンアンプを1つの小型パッケージにまとめたSoCで、全高調波歪+ノイズが-100dBという低歪・低ノイズ性と最大49mWという高出力を実現。さらに、44.1kHzと48kHzのそれぞれに高精度水晶発振器も装備し、さらなる低ジッター化を実現。

最大192kHz/24bitのPCMデータや、2.8MHzのDSDデータの再生が可能で、音楽ファイルはAPE、WAV、FLAC、AIF、DSD、M4A、WMA、OGG、AAC、ALAC、MPに加えて、CUEシートに対応。内蔵メモリー容量は2GB。マイクロSDXC対応メモリーカードスロットも備え、最大512GBまで拡張できます。

ワイヤレス通信はBluetooth 4.2を内蔵。対応コーデックはaptXのほか、aptX HDやLDACをサポートし、ワイヤレス接続でも音楽をハイレゾクラスの高品質で再生することが可能。


ディスプレイは、480×800ドット/3.2型タッチパネルを採用。OSはAndroid 7.0がベースで、従来製品から一新されたUIを採用。メイン画面には6つのアイコンが配置されており、必要なすべての機能に簡単にアクセスできるようになってます。再生時の画面には現代的なフラットデザインを採用したほか、アルバムカバーアートの表示、歌詞の表示、その他のタグ情報の表示が可能。加えて、Exynos 7270プロセッサーの性能をフルに活かすことで、よりスムーズな操作感をもたらします。

外部インターフェイスは3.5ミリのヘッドホン出力、USB(タイプC)コネクタを装備。ヘッドフォン出力は、多くのヘッドフォンが市場で使用するCTIA標準インラインコントロールをサポート。ラインアウト機能も搭載しており、外部アンプに接続することができます。また、USB(タイプC)は、充電、ファイル転送のほか、PCMデータとDSDデータのデジタル出力をサポートし、外部USB-DACに接続することができます。そのほか、FMラジオ機能も利用できます。

本体のサイドには再生/一時停止ボタン、スキップボタン、ボリュームホイールも備え、簡単なプレスかスワイプのいずれかで本体の操作が行えます。

電源は1,180mAhのバッテリーを内蔵。Exynos 7270プロセッサーの14ナノメートルプロセスによる省電力設計により、連続再生時間は20時間以上、待機時間は最大40日間を実現。スタンバイモードからプレーヤーが素早く起動することも可能。

本体サイズは52×13×109ミリ(幅×奥行き×高さ)、質量は約116グラム。本体カラーはシルバーとブラックの2色から選べます。同梱品は、USB タイプCケーブル、TPU製防水ケース、強化ガラス製の専用スクリーンプロテクターなどが一式。

▼こちらで予約できます
FiiO M7 FIO-M7-S (Silver)
FiiO M7 FIO-M7-B (Black)

- スポンサードリンク -