FiiO、ポータブルハイレゾプレーヤー「M11 (FIO-M11-B)」

投稿日:

エミライは、「FiiO(フィーオ)」ブランドのハイレゾ音源再生が可能なポータブルデジタルオーディオプレーヤー「M11」を、このほど発売しました。価格は61,666円(税抜)。

B07S8R4L2J

「FiiO X5 3rd」の後継製品で、最新の旭化成エレクトロニクス社製DACチップ「AK4493EQ」を搭載した、ポータブルデジタルオーディオプレーヤー。

DAC「AK4493EQ」の2個をそれぞれL/R独立で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を実現し、32bit/384kHzまでのPCMデータや、11.2MHzのDSDデータのネイティブ再生が可能。

また、3.5ミリのシングルエンド出力に加えて、2.5ミリのバランス出力と4.4ミリのバランス出力を装備。新設計のフルバランス構成ヘッドホンアンプ回路を搭載し、あらゆるイヤホン/ヘッドホンを強力に駆動します。なお、ヘッドホン出力はライン出力とS/PDIFデジタル出力に対応。

さらに、USB端子を備え、~32bit/384kHzと~DSD128のUSBオーディオ出力、USB DACとして利用できます。そのほか、リアルタイムDSD変換やダイナミックEQなどを搭載。自分好みに最適化する様々な信号処理機能を備えています。


製品仕様は、6コアで最高クラスの高速動作を実現するSamsung製Exynos 7872プロセッサー、10点タッチ対応の1,440×720ドット/5.1型IPS液晶ディスプレイを搭載。Android 7.0ベースのカスタマイズドAndroid OSも搭載し、自社開発アプリ「FiiO Music」をプリインストール。

ワイヤレス通信は2.4GHz/5GHz帯のデュアルバンドWi-Fiに対応。Wi-Fiトランスファ機能により、PCのブラウザまたはスマートフォンから直接M11に音楽やその他のファイルを送信することができます。AirPlayやDLNAなど、ネットワーク経由での高音質再生も可能。Bluetooth 4.2のワイヤレス通信もサポート。対応コーデックはLDAC/aptX/aptX HD/HWA(LHDC)/SBC。

Androidスマートフォン専用アプリ「FiiO Link」を使えば、ペアリングしたスマートフォンからM11をリモート操作したり、再生中の楽曲をスマートフォン上に表示したりすることができます。

ストレージ容量は25GB。再生形式は、DSD(64/128/256)、Fast Ape、Apple Lossless、AIFF、FLAC、WAV、WMA、AAC、MP3、WMA、OGGなど。

外部インターフェイスは、3.5ミリのヘッドホン出力、2.5ミリのバランス出力、4.4ミリのバランス出力、USB 2.0 タイプCを装備。マイクロSDXC対応カードスロットも2基装備し、最大4TBまでストレージ容量を増やせます。サイドボタン、サイドボリュームホイールも備えます。

本体サイズは70.5×15.5×130ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約211グラム。容量3,800mAhリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、9~45時間の連続音楽再生が可能。充電時間は2.5~3.5時間。本体カラーはブラック。同梱品は、充電USBケーブル、強化ガラススクリーンプロテクター(本体貼付済)、クリアケース(本体取付済)、マイクロSDカード取り出し用ピンが一式。

▼こちらで購入できます
FiiO M11 ブラック (Black) デジタルオーディオプレーヤー FIO-M11-B

- スポンサードリンク -