パナソニック、おそうじ気流/ナノイー搭載の加湿空気清浄機「F-VXJ90」/「F-VXJ70」/「F-VXJ50」

投稿日:

パナソニックは、「おそうじ気流」や「ナノイー」搭載の加湿空気清浄機「F-VXJ」シリーズを9月1日より発売します。価格は「F-VXJ90」が85,000円前後、「F-VXJ70」が60,000円前後、「F-VXJ50」が50,000円前後、「F-VXJ35」が40,000円前後。

B00E6KGB9E B00E6KGARM
B00E6KGAMM B00E6KGAH2

- スポンサードリンク -

除菌・脱臭効果のあるナノイーを搭載した加湿空気清浄機の新製品。

最上位のF-VXJ90には、吹出しルーバーと前面可動スライドパネルを組み合わせた独自の「メガキャッチャー」を進化させ、吹出し風の風向と風量を自動で調整して、床に落ちるホコリを低減させる業界初の「おそうじ気流」を新たに搭載したのが特長。

「おそうじ気流」の「留守そうじ運転」では、人の不在を検知し、最大風量で運転。空気清浄機を使用していない場合と比較し、床に落ちるホコリを約65%低減します。また、「留守そうじ運転」終了後に、清浄したホコリ量の目安を3段階表示で確認できる「ホコリインジケーター」も装備。

スマートフォンと連動する「スマート機能」も搭載。専用アプリをスマートフォンにインストールすることで、空気の汚れと湿度状況をグラフ化したり、電気代を月ごとに表示し、前年月との比較が可能。運転設定を診断して提案する「空気のコンシェルジュ」機能も用意。花粉情報など、季節の空質情報のお知らせ配信や、使い方ガイド、エラー表示もサポートします。

加湿空気清浄機能では、ファンを従来製品より大きくし、ファンの囲い風路を構成する「ファンケーシング」の配置角度を工夫することで、風路寸法を抑えながら風量を向上。また、本体サイズを抑えながらも性能向上を図り8畳を7分で集じんするほか、新たにHEPAフィルターを備えることで0.3μmの粒子を99.97%以上集じんします。PM2.5に対応し、本体で0.1~2.5μmの粒子を99%捉えます。「集じんフィルター」「脱臭フィルター」「加湿フィルター」は10年間交換不要です。

加えて、最大加湿量は830mL/hで業界トップクラスの加湿量を実現させ、従来製品「F-VXH80」と比べ加湿量を30mL/h高めています。湿度は、高め/標準/控えめの3つから選択。タンク容量も従来製品の約3.3Lから約4.2Lへ増加させています。

空気清浄適用床面積は40畳(66平方m)。風量は1.1~8.7立方m/分。加湿適用床面積はプレハブ洋室が23畳(38平方)、木造が14畳(23平方m)。加湿能力は300~830mL/時間。操作性やお手入れ性に優れるタッチスイッチ採用。

本体サイズは398×275×636mm(幅×奥行×高さ)、質量は11.2kg。薄型スリムデザインと、壁ピタ1cm設置が可能で、省スペースで設置できます。キャスター付きで移動も簡単。ヘアライン仕上げのフロントパネルを備え、本体カラーはヘアラインシルバーとシルクホワイトの2色。消費電力は空気清浄運転が5.5~88W、加湿空気清浄運転が10~61Wで、「エコナビ」により約60%省エネです。

下位モデル「F-VXJ70」は、スマートフォン連携機能やタッチスイッチ、ヘアライン仕上げのフロントパネルなどを省き、適用床面積は31畳。「F-VXJ50」は24畳、「F-VXJ35」は16畳となります。

Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ90-SZ ヘアラインシルバー
Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ90-WZ シルクホワイト

Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ70-K ブラック
Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ70-W ホワイト

Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ50-CK コモンブラック
Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ50-W ホワイト

Panasonic 加湿空気清浄機 F-VXJ35-W ホワイト

- スポンサードリンク -