パナソニック、留守そうじ運転/アロマ運転搭載の加湿空気清浄機「F-VKJ20」

投稿日:

パナソニックは、「留守そうじ運転」や「うるおいアロマ運転」など搭載した加湿空気清浄機「F-VKJ20-C」を10月20日より発売します。価格は35,000円前後。

- スポンサードリンク -

ホコリが床に落ちるのを防ぎ、床上空間のホコリを集中的に吸引する業界初の「おそうじ気流」を搭載しており、外出時など人がいない時に、吹出し風の風向と風量を自動で調整し、床に落ちるホコリを約50%低減します。「ホコリインジケーター」を備え、清浄したホコリの量を3段階で確認できます。

また、加湿しながらアロマを楽しめる同社初のアロマ機能「うるおいアロマ運転」「おやすみアロマ」も搭載。本体上部背面に装備するケースに、アロマオイルなど好みの液体をコットンやティッシュペーパーに垂らしてセットしておけば、帰宅時にくつろぎ空間を演出します。就寝用の「おやすみアロマ運転」も用意。

そのほか、トレー内を除菌・防カビする「イオン除菌と防カビユニット」や、加湿タンクの出し入れやフィルターの手入れがしやすいターンテーブル(手動)、ホコリセンサー、湿度センサーを搭載します。

空気清浄適用床面積は8畳で、加湿適用床面積はプレハブ洋室8畳、木造5畳。タンク容量は約1.2L。最大加湿能力は300mL/時間。運転モードは留守そうじ/おまかせ/うるおいアロマ/おやすみアロマの4種類を用意し、使用シーンにあわせて選べます。搭載フィルターの交換時期の目安は、加湿フィルターが10年間。集じんフィルターと脱臭フィルターは2年間。

本体サイズは230×230×612mm(幅×奥行き×高さ)。狭いスペースでも設置しやすいスリムなタワー型デザインを採用し、「単身やDINKS世帯の住まいにおすすめ」としています。本体カラーはキャラメルモカ。

Pansonic 加湿空気清浄機 F-VKJ20-C

- スポンサードリンク -