パナソニック、人感センサー搭載の加湿セラミックファンヒーター「DS-FKX1204」

投稿日:

パナソニックは、加湿機能付きセラミックファンヒーターの新製品「DS-FKX1204-W・K」を9月1日に発売します。価格は28,000円前後。

- スポンサードリンク -

独自のイオン技術ナノイーの発生装置を搭載した薄型デザインの加湿セラミックファンヒーター。新たに、同社初の人感センサーを搭載したのが特徴で、センサーが人がいないのを検知すると3~7分後に自動で運転を停止。人を検知すると運転を再び開始するので、節電につながります。

運転モードは、強/弱の2段階切り替えで、室温に応じて風量を自動調節する「室温連動」機能を搭載。加湿運転は、「連続」と「おまかせ」を用意。連続加湿時間は約5時間。タンク容量は約2.8リットル。加湿量(50/60Hz)は、温風[強]+加湿[連続]で600/580mL/h、温風[弱]+加湿[連続]で190/180mL/h、加湿[連続]で430/420mL/h。消費電力(50/60Hz)は、1,250W/1,220W。

そのほか、入タイマー(6時間、7時間、8時間後)、切タイマー(1時間、2時間後)のほか、切り忘れ防止「8時間自動切」機能や、転倒OFFスイッチも備えます。

本体サイズは410×187×410ミリ(幅×奥行き×高さ)、質量は4.8キロ。本体カラーはホワイト(-W)、ブラック(-K)の2色。

Panasonic 加湿機能付きセラミックファンヒーター DS-FKX1204-W・K DSFKX1204W・K

- スポンサードリンク -