パナソニック、ポータブルブルーレイディスクプレーヤー「DMP-B200」

投稿日:

パナソニックは、ポータブルブルーレイディスクプレーヤーの新モデル「DMP-B200」を3月18日より発売します。

20110227_dmp-b200.JPG

1,024×600ドットの8.9型α-Siワイド液晶と、BD/DVDビデオの再生が可能なBlu-ray Discドライブを搭載したポータブルブルーレイディスクプレーヤー。液晶部は画面の角度や位置を調整できる「フリースタイルディスプレイ」を採用し、同梱のカーDCアダプターと組み合わすことで、車内で使用するのに便利なよう配慮されています。

また、BD/DVDビデオのほか、DIGA(ディーガ)で録画したAVCREC方式のディスクや「持ち出し番組(高画質、ワンセグ画質)」の再生や、SDXCカードに記録されたハイビジョン映像(AVCHD)、ルミックスで撮影したハイビジョン映像(AVCHD/AVCHD Lite)の再生にも対応します。

インターフェイスは、HDMI出力、ヘッドフォン出力、SDカードスロットを装備。ステレオスピーカーも内蔵し、出力は500mW×2ch(8Ω)。電源は付属のバッテリパック「DY-DB35」を利用。充電時間は約4時間で、BD連続再生時間は最長約4時間。

サイズは238×188.3×52.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1,372g(バッテリ含む)。リモコン、ACアダプタ、カーDCアダプタなどが付属。価格は6万円前後。

▼製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -