パナソニック、DIGAやPCの動画を持ち出せるデジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」

投稿日:

パナソニックは、ワンセグ/ビデオ/音楽/写真/FMラジオの再生やインターネットを、これ1台でどこでも楽しむことができるデジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」を3月18日より発売します。

20110215_sv-mv100.jpg

- スポンサードリンク -

ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー「DIGA」で録画した番組や、パソコンから取り込んだ動画/音楽/写真を再生できるほか、ワンセグの視聴/録画やFMラジオの聴取も楽しめるポータブルメディアプレーヤー。

また、無線LAN機能(IEEE 802.11b/g)によるYouTube視聴やWebブラウジング、メールの送受信なども可能。DIGAの「お部屋ジャンプリンク」にも対応し、放送中の番組やDIGAで録画した番組を無線LAN経由で視聴できます。

録画番組もワイヤレスで簡単転送。

かんたん自動転送機能を使えば、毎日決まった時間に、ディーガの録画番組をMV100にワイヤレスで自動転送をする事ができます。さらに、音楽、ワンセグやFMラジオなどの基本機能も保持しながら、無線LAN環境下で使用可能なアプリでは、YouTubeやブラウザにプラスして、メール・RSSリーダー・Podcastなどをお楽しみ頂けます。またディーガ向けサービスのディモーラやミモーラもブラウザ経由で利用可能です。
液晶は、3.5型(854×480ドット)の静電容量式タッチパネルを搭載し、加速度センサーによるタテ/ヨコの両表示に対応。本体には16GBメモリを内蔵するほか、SDXCまで対応したSDカードスロットを装備。必要に応じて容量の拡張が行えます。OSはAndroid 2.1を搭載。


対応コーデックは動画がH.264(Baseline)、MPEG-4(Simple)、WMV。音楽がMP3/AAC/WMA、SDオーディオ(MP3/AAC/WMA)で、著作権保護されたWMA、WMVの再生もサポート。

インターフェイスはUSB端子やヘッドフォン出力を装備。モノラルスピーカー(280mW)も備えています。電源は長時間駆動のスタミナバッテリを内蔵し、充電時間は約4時間30分。連続使用時間(最大)はビデオが約12時間、ワンセグ視聴が約10時間、音楽が約50時間、FMラジオが約25時間、YouTube視聴が約8時間となってます。

サイズは119.7×14.7×60.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約130g。カラーはブラック(-K)とホワイト(-W)の2色で、カナル型イヤフォン、ワンセグアンテナケーブルなどが付属。価格は29,800円前後。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場
パナソニック デジタルメディアプレーヤー SV-MV100


Amazon.co.jp
パナソニック デジタルメディアプレーヤー SV-MV100

- スポンサードリンク -