COWON、ポータブルハイレゾプレイヤー「PLENUE L (PL-256G-GD)」

投稿日:

テクタイトは、「COWON」ブランドのハイレゾ音源再生に対応したポータブルデジタルオーディオプレイヤーのフラッグシップモデル「PLENUE L」を、このほど発売しました。価格は258,000円(税抜)。

COWON ポータブルハイレゾプレイヤーPLENUE L PL-256G-GD

DACにESS社SABRE PROシリーズのフラッグシップ「ES9038PRO」を搭載し、32bit/384kHzの無損失・無圧縮音源や、DSD 256やDXD音源まで再生できるポータブルハイレゾプレイヤー。

精巧なサウンド制御のために8-Channel Internal Quad DACにより、8個のチャンネルを分離し、各チャンネルごとに4つの内部DACを通じて変換されてノイズを除去。これにより、クリアな信号を出力します。加えて、ESS最新の32bit HyperStream II技術を採用し、業界最高のダイナミックレンジ(DNR)とTHD+ N値を実現し、高純度のサウンド再生が可能。

また、3.5ミリのアンバランス出力に加えて、4.4ミリのバランス出力を装備。バランス出力については、高い左右分離度で音響信号間のクロストーク現象を防止し、歪みと損失のないリアルで明瞭なサウンドを再現します。アンバランス出力では、信号に逆位相の信号を追加して信号伝送時に発生するノイズを効果的にブロック。これらにより、SNR128dB、THD+N 0.0004%、Stereo Crosstalk -144dB、バランス出力4.05Vrmsという高い性能を実現。

さらに、低レベルのノイズと高いPSRR(Power Supply Rejection Ratio)性能を誇るLDO電源、32bit/384kHzのために最適化された独自開発のデジタルPath回路「CPLD」、44.1kHz系と48kHz系の音源を正確に再生する超精密Dual TCXOクロック、高インピーダンスのハイエンドヘッドホンをヘッドホンアンプなしで使用することができるSoundPlus高性能アンプなども装備。

「JetEffect 7」と「BBE+」の高音質化機能を搭載し、物理的な位相を補正することにより、原音に忠実なサウンド補償と補正コントロールし、最適なハイクオリティサウンドを再現。再生した音源ファイルに対して次の再生時の音量を一定にする「AI Volume」、ユーザーの各音源別の再生パターンを分析し、選好度に応じて再生リストの位置を適切に配置する「AI Shuffle」、各音源ファイルに最適なJetEffectプリセットを自動的にマッチングさせる「AI JetEffect」といったAI機能も搭載します。


液晶ディスプレイは、480×800ドット/3.7型AMOLEDタッチパネルを搭載。ストレージ容量は256GBで、マイクロSDXC対応カードスロットも装備し、最大256GBまで保存容量を増やせます。音声ファイルは、DXD、DSD(DFF/DSF/ISO)、FLAC、WAV、AIFF、ALAC、APE、MP3、WMA、OGG、WV、TTA、DCFに対応。

本体デザインは金管楽器からデザインのインスピレーションを受けて仕上げられ、本体カラーは金管楽器の堅固さとマッチするBrass Goldを採用。

本体サイズは53.1×14.9×79.2ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は97グラム。3,050mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵し、連続再生時間は約8.5~9時間。充電時間は約3時間。同梱品は、USBケーブル、専用レザーケースなどが一式。

▼こちらで購入できます
COWON PLENUE L ハイレゾプレーヤー PL-256G-GD PL256GGD ブラスゴールド

- スポンサードリンク -