シャープ、コンパクトタイプのロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ) RX-V60」

投稿日:

シャープは、全自動ロボット掃除機「COCOROBO」シリーズの新製品でコンパクトタイプの「RX-V60」を発売中です。実売価格は59,800円前後。

B00AGXXY9U

直径29.9cmのコンパクト設計のロボット掃除機。これまでと比べて4.7cmコンパクト化したことで、椅子の脚の間など、狭い場所で小回りの利いた走行が可能。小型ながら毛足の長いサイドブラシを採用しており、壁際のゴミまでかき込めるほか、現行機と同等の高速回転ターボファンを搭載した「強力吸じんシステム」により、フローリングの目地に詰まった細かなゴミまでしっかりと取り除きます。

運転中は、「超音波センサー」により赤外線では検知しにくい透明なガラスや黒い家具などの障害物も回避しながら掃除することが可能。また、内部のダストボックスには「HEPAクリーンフィルター」を装備し、0.3μm以上のほこりを99.9%以上とらえてクリーン排気を実現。加えて、独自の「プラズマクラスター7000」発生装置も備えており、クリーンな排気にプラズマクラスターイオンも乗せて放出します。

さらに、状況によって「気分」が変化する人工知能「ココロエンジン」を搭載しているのも特長。起動時の挨拶のほか、充電量や掃除状況など、COCOROBOが「気分」に応じて言葉やアクション、光など組み合わせて、ユーザーに語りかけてくるので、まるでペットと過ごしているかのような様々なコミュニケーションを楽しむことができます。会話は関西弁にすることも可能。

COCOROBOを外出先から遠隔操作できるスマートフォン用アプリ「COCOROBO SQUARE(ココロボスクエア)」にも対応。新機能の「COCOROBOナビ」により、スマートフォンの画面上で家具や家電のアイコンを配置して「間取りマップ」を作成し、外出先からCOCOROBOを遠隔操作して指定した場所を掃除したり、好きな場所にCOCOROBOを移動させて内蔵カメラで撮影することができます。対応OSは、iOS 5以降とAndroid 2/3/4.0以降。

そのほか、上部から楽に着脱できるダストボックス構造を採用し、ダストボックスは水洗いが可能。約3年の長寿命を実現したリチウムイオンバッテリを内蔵し、稼働時間は約50分。最大稼働面積は約16畳。充電時間は約2時間で、バッテリ残量が20%未満になると自動で充電台へ戻ります。

本体サイズは299×95mm(直径×高さ)、質量は2.5kg。本体カラーはホワイト。同梱品は、充電台、リモコン、クリーニングブラシ、交換用サイドブラシ1セット(2個)。

- スポンサードリンク -