東芝「レグザエンジンCEVO(シーボ)」搭載の液晶テレビ「REGZA Z2」シリーズ

投稿日:

東芝は、液晶テレビ「REGZA(レグザ)」の新モデルとして新開発の高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO(シーボ)」を搭載した高画質モデル「REGZA Z2」シリーズ3機種を3月25日より発売します。ラインナップは47型の「47Z2」が32万円前後、42型の「42Z2」が25万円前後、37型の「37Z2」が20万円前後。

- スポンサードリンク -

全機種に、映像の前後の複数のフレームに、精細な映像をリアルタイムに復元する「3次元フレーム超解像技術」と、色の超解像技術を採用した「レゾリューションプラス6」を搭載する新開発の「レグザエンジンCEVO」を採用し、さらにLEDバックライトスキャンに対応した新開発のLED液晶パネルの組み合わせによりさらなる高画質化を実現させた液晶テレビ。

液晶パネルは、解像度1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応の新開発IPSパネル「クリアLEDパネル」を搭載。パネル両サイドに配置された16分割のLEDバックライトを備え、レグザエンジンCEVOが緻密にコントロールすることで200万対1のダイナミックコントラストを実現。パネルは120Hz駆動に対応。8分割のバックライトスキャンとあわせることで、残像感を低減させ、高い動画応答性を実現しています。

チューナーは地上デジタル3系統と、BS/110度CS2系統を内蔵。録画機能も搭載しているので、市販のUSB HDDを接続することで 地デジなら、番組を視聴しながら裏の2番組を同時録画ができる「地デジ見ながらW録」が利用することができ、録画中に自動でチャプター分割する「Wマジックチャプター」機能を備えます。USB HDDは最大4台同時接続が可能で、最大8台まで登録できます。

番組表は、約0.3秒の高速起動や人気番組のランキングデータを表示する「おすすめサービス」機能と連動する「高速レグザ番組表」を採用。

省エネ機能として、画面を最適な明るさに自動調節して余分な電力を抑える「おまかせドンピシャ高画質3」機能や、無操作状態が約3時間続くと待機状態にする「無操作電源オフ」機能、外部入力接続時に無信号が約15分間続くと待機状態にする「無信号電源オフ機能」を搭載します。

このほか、地上デジタル放送と録画した番組を同時に鑑賞できる「ダブルウインドウ2」や、ゲームに最適な「ゲームダイレクト3」など用意。

ネットワーク機能も充実しており、「レグザリンク」をはじめ、DLNA(DMS)対応機器で録画したコンテンツや、「レグザブルーレイ」で録画した「スカパー! HD」の番組をホームネットワーク経由でREGZAで再生できたり、DTCP-IP対応サーバーへダビングする機能、「レグザリンク・ダビング」機能など利用できます。スマートフォンやスレート型タブレットPCなどでテレビを操作できる「レグザAppsコネクト」や、「アクトビラ ビデオ・フル」、「ひかりTV」、「YouTube」などにも対応。

筐体はスリムミニマルデザインを採用し、47型モデルは業界最薄の29mmを実現。スタンドはアルミダイキャスト製の新デザインとなってます。リモコンは「REGZAリモコンII」が付属。

▼47型「47Z2」の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング


▼42型「42Z2」の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング


▼37型「37Z2」の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング

- スポンサードリンク -