ソニー、ファブリック素材のBluetoothスピーカー「SRS-BTS50」

投稿日:

ソニーは、ファブリック素材を本体に採用したコンパクトなBluetoothスピーカー「SRS-BTS50」を10月19日より発売します。価格は15,000円前後。

B00F3OUQHK B00F3OUR4W
B00F3OUOZE B00F3OUR8S B00F3OUQ2K

- スポンサードリンク -

質量約400gと軽量で、自転車やリュックなどのドリンクホルダーに収納できるコンパクトなワイヤレスポータブルスピーカー。

本体表面にファブリック素材を採用したことで、他のアイテムを傷つけずに持ち運べることができるほか、本体側面のフックを使って、リュックなどに吊り下げることもできるため、携帯性に優れています。また、水しぶきや雨にも強い「IPX2」相当の防滴性能も備えます。

本体には、出力2.5W×2chのパワーアンプで駆動するパッシブラジエータ搭載のフルレンジ型スピーカーを内蔵。さらに、サウンドモードとして、一人で音楽を楽しむのに最適な「ノーマルモード」と、屋外や大人数で音楽を楽しむのに最適な「サラウンドモード」の2種類が選べます。

Bluetoothバージョンは3.0で、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、SPP。コーデックはSBCとAACをサポート。NFCにも対応しているので、NFC対応のスマートフォンなどの機器をスピーカーにかざせば、簡単にペアリングが完了します。

入出力端子は、ステレオミニ入力とステレオミニ出力を用意。全指向性マイクも備え、ハンズフリー通話も可能。そのほか、ハンズフリー通話の開始時や、充電残量の確認時、ペアリングモードの機能開始時などに、音声で誘導する「ボイスフィードバック機能」を搭載。

本体サイズは75×65×70mm(幅×奥行×高さ)、質量は約400g。バッテリー稼働時間は最長約10時間。本体カラーはブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、レッドの5色。

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー ブラック SRS-BTS50/B
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー ホワイト SRS-BTS50/W
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー ピンク SRS-BTS50/P
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー ブルー SRS-BTS50/L
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー レッド SRS-BTS50/R

- スポンサードリンク -