プラネックス、タブレット端末/スマートフォン向けBluetooth対応受話器「Bluetooth mini Phone『BT-Phone01W/B』」

投稿日:

プラネックスコミュニケーションズは、タブレット端末やスマートフォンの受話器として使用できるヘッドホン端子付き「Bluetooth mini Phone『BT-Phone01W/B』」を6月上旬より発売します。

20110409_bt-phone01_01.JPG

- スポンサードリンク -

Bluetoothに対応するタブレット型端末やキーボード型の携帯電話端末、スマートフォンなどとペアリングすることで、ハンズフリー通話やプレイヤーの操作をワイヤレスで行えるようになります。パソコンとペアリングすれば、Skype通話用の受話器としても利用可能。

また、好みのヘッドフォンをつなぐことができるヘッドホン端子も備え、スマートフォンなどの音楽も楽しめます。SCMS-Tもサポートし、ワンセグの音声も聞くことができます。

Bluetooth Ver.2.1 + EDRに準拠し、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、PBAPに対応。通信距離は最大10mで、2台の携帯電話による同時待受けも可能。さらに、端末側の電話帳を「BT-Phone01」にコピーする機能を搭載し、本機だけで簡単に電話をかけることができるということです。

20110409_bt-phone01_02.JPG

前面には128×64ドットの有機ELディスプレイを搭載し、バッテリ残量や動作状態を表示。内蔵のリチウムポリマー充電池の充電はUSB経由で可能。駆動時間は、約120分の充電で連続通話/音楽再生時間が約6時間、待受け時間が約100時間となってます。

サイズは約72×32.5×11.3mm(縦×横×厚さ)、重量は約26g。カラーはホワイト(W)とブラック(B)の2色で、MiniUSB充電ケーブルなどが付属。価格は5,250円。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -