B&O、ANCワイヤレスイヤホン「Beoplay HX」

投稿日:

完実電気は、「BANG & OLUFSEN(バング アンド オルフセン)」ブランドのアクティブノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン「Beoplay HX」を、このほど発売しました。価格は59,901円。

B08TZRP19J B08V1L2QMB

ロングセラー製品である「Beoplay H9」の完成度をさらに高め、洗練されたユーザーインターフェイスを提供することを一から練り直し、ノイズをシャットアウトするリスニングを実現できるように設計された、最新のデジタルアダプティブアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載したワイヤレスイヤホンです。

ドライバーユニットは、口径40ミリのダイナミック密閉型。同社のサウンドエンジニアがチューニングを施しており、「Beoplay H9」と同様に力強い心地よい音を提供します。また、ANCは独自のアルゴリズムによって、周囲の環境音をリアルタイムに測定、ノイズキャンセリングのレベルを自動調整し、不必要なノイズのみを取り除くため、クリアな音質で楽しむことができます。4基の高感度マイクも備え、ビームフォーミング技術により、高音質でハンズフリー通話が可能。

ヘッドバンドやイヤーパッドは新しく開発。ヘッドバンドは滑らかな質感のラムスキン製で、下部のヘッドバンドはニット生地で覆っています。イヤークッションは非常に柔らかく、内側の素材は耳の形や曲線に適応するメモリーフォームで構成。これにより、長時間ヘッドホンを装着しても頭部に負担をかけにくいようになってます。

ワイヤレス通信は、Bluetooth 5.1に対応。コーデックはAAC、SBC、aptX Adaptiveをサポート。周波数特性は20~20,000Hz。また、Microsoft Swift Pair やGoogle Fast Pairに対応し、スマートフォンなどのデバイスと簡単にペアリングが完了します。2台のヘッドホンと同時に接続できるマルチポイント機能も装備。同梱のオーディオケーブルを使用して、有線接続でのリスニングも可能。ケーブル使用時のインピーダンスは24Ω。

そのほか、イヤーカップにタッチセンサー・コントローラーを搭載。再生/停止、曲送り/戻し、ボリュームコントロールを操作が行えます。加えて、左サイドのボタンでアクティブノイズキャンセリングのオン/オフ、Transparency Modeのオン/オフの操作が可能。

本体サイズは195×52×200ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は285グラム。本体カラーはBlack、Sandの2色から選べます。同梱品は、オーディオケーブル(1.25メートル)、充電用USB-Cケーブル(1.25メートル)、専用ファブリックキャリングケースなどが一式。

▼こちらで購入できます
Bang & Olufsen ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beoplay HX ブラック
Bang & Olufsen ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beoplay HX サンド

- スポンサードリンク -