オーディオテクニカ、ワイヤレススピーカー「SOLID BASS AT-SBS70BT/AT-SBS50BT」

投稿日:

オーディオテクニカは、ヘッドホンシリーズ「SOLID BASS series(ソリッドベースシリーズ)」から、ワイヤレススピーカーの「AT-SBS70BT」と、「AT-SBS50BT」をこのほど発売しました。価格は、AT-SBS70BTが18,000円前後、AT-SBS50BT1万円前後。

B07FLH1HLP
B07FLJ7Q4YB07FLGM8FTB07FLBQBCH

「SOLID BASS」シリーズならではの重低音再生はもちろん、8月3日に配信されるスマートフォン/タブレット用アプリ「Connect」にも対応して、使用シーンが広がるワイヤレススピーカー。

B07FLH1HLP B07FLH1HLP

両製品には低域の増幅にパッシブラジエーターと、重低音を全方位に拡散させる専用ディフューザーを搭載。高い開口率で音の再現性に優れたアルミニウムハニカムパンチングも施されています。また、製品の動作状況を知らせる音声ガイド機能を備えます。

さらに、専用アプリ「Connect」をインストールした、スマートフォンやタブレットを使用することで、電池残量が確認や、スマートフォン純正のミュージックアプリで再生している楽曲の情報表示(トラック名など)、曲送り、曲戻し、再生、停止といった操作も行うことが可能なほか、初めてBluetooth製品を使用する際にも安心な機能も備えています。

ワイヤレス通信はBluetooth 5.0を内蔵。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP。対応コーデックはaptX、AAC、SBC。通信距離は約10メートル(Cass2準拠)。3.5ミニのステレオミニ入力端子も装備し、Bluetooth以外の機器と有線接続で使用できます。

そのほか、本体は IPX5準拠の防水性もあり、野外使用中に突然の雨でも安心です。同梱品は、ACアダプター。

「AT-SBS70BT」は、パワフルに重低音を楽しみたい方に最適な製品。53ミリのフルレンジスピーカーユニットと、パッシブラジエーターそれぞれを天面に2基搭載。最大出力は8W+8Wで、音楽を低域から繊細な中高域まで豊かに奏でます。

B07FLH1HLPB07FLH1HLP

質量は約670グラム。リチウムイオン電池を内蔵し、連続再生時間は最大約11時間。充電時間は約5時間。本体カラーはブラック。

「AT-SBS50BT」は、コンパクト設計で重低音を持ち歩きたい方に最適な製品。40ミリのフルレンジスピーカーユニットと、天面と底面にパッシブラジエーターを2基搭載。底面のパッシブラジエーターに専用ディフューザーを搭載し、筐体内に生成された低域エネルギーを全方位に拡散させ、空間に重低音を鳴り響かせます。

B07FLH1HLPB07FLH1HLPB07FLH1HLP

本体はシーンに合わせて横置き、縦置きが可能。質量は約285グラム。リチウムイオン電池を内蔵し、連続再生時間は最大約10時間。充電時間は約7時間。本体カラーはブラック、ブルー、レッドの3色から選べます。

▼こちらで予約できます
オーディオテクニカ ワイヤレススピーカー ブラック AT-SBS70BT

オーディオテクニカ ワイヤレススピーカー ブラック AT-SBS50BT BK
オーディオテクニカ ワイヤレススピーカー ブルー AT-SBS50BT BL
オーディオテクニカ ワイヤレススピーカー レッド AT-SBS50BT RD

- スポンサードリンク -