シャープ、5キロ以下の軽量サイクロン掃除機「EC-VX500」/「EC-NX500」

投稿日:

シャープは、プラズマクラスターサイクロンの新製品として軽量コンパクトモデル「EC-VX500」と「EC-NX500」を9月中旬より発売します。価格はEC-VX500が8万円前後、EC-NX500が7万円前後。

両製品とも、フィルター自動お手入れ機能や、強力パワーの持続などの高機能を搭載しながら、本体質量を従来機比約30%削減した軽量コンパクトボディを採用。コンパクトボディに加え、ホースを巻きつける「グルまる収納」も採用することで、高さ約35センチのわずかなスペースに収納することが可能です。

軽量コンパクト化には、高効率小型モーターを採用し、各部品を最適に配置することで、本体質量はEC-NX500が3.5キロ、EC-NX500が3.4キロを実現。加えて、内径38ミリのホースやグラスファイバーを採用したパイプ、吸込口の質量も従来機に比べ約23%削減させたことで約1.4キロに軽減化されています。

集じん方式は、サイコロン方式。遠心分離サイクロンによりごみと空気を高速に遠心分離し、吸い込んだごみをカップの底に押し込んで強力に圧縮します。ダストカップには、「ネコの舌」を応用したという「スクリューフィン」を搭載しており、吸い込んだごみを約1/15に圧縮し、ごみの再膨張を抑制します。ダストカップ上部のHEPAクリーンフィルターは、自動お手入れ機能により、約1か月間ごみを捨てなくても吸引力のパワーを持続します。

また、吸込口は、左右に180度回転する「新・奥の手ワイドヘッド」を採用。パイプを軽くひねるだけで左右に180度回転し、テーブルや椅子の脚まわり、壁や家具の8センチ以上のわずかな隙間まで掃除できます。

そのほか、静電気抑制効果でダストカップ内部のごみの付着を抑制する「高濃度プラズマクラスター7000」や、ムダを抑えて最大約45%消費電力量を削減する「節電アイドリングストップ」やセンサーが床面の種類を検知し吸引力を自動でコントロールする「エコ掃除」機能なども搭載します。

上位モデルの「EC-VX500」には、HEPAフィルターの代わりに、ULPAクリーンフィルターが搭載され、0.3μm以上のホコリを99.99%以上捕えることで、クリーン排気を実現させています。また、モーターや吸込口・排気口などに、運転音を低減する独自の「ハイブリッドサイレンサーシステム」を採用。電力ピーク時間外の夜間でも、周囲に気兼ねすることなく掃除することができ、節電にもつながります。

本体サイズは257×308×293ミリ(幅×奥行×高さ)で、持ち運びや階段での掃除がしやすい大型ハンドルを装備。集じん容積は0.35リットル。吸込仕事率は約60~300ワット。消費電力は約300W~850ワット。運転音はEC-VX500が54dB~約49dB、EC-NX500が59dB~約54dB。

本体カラーは、EC-VX500がレッド系(EC-VX500-R)とブルー系(EC-VX500-A)の2色、EC-NX500がグリーン系(EC-NX500-G)の1色。同梱品は、EC-VX500が2WAYベンリヘッドと2段伸縮すき間ノズル、ベンリブラシ。EC-NX500がすき間ノズルとベンリブラシ。

SHARP プラズマクラスターサイクロン掃除機 EC-NX500-R・A
SHARP プラズマクラスターサイクロン掃除機 EC-NX500-G

- スポンサードリンク -