三菱、部屋干し3Dムーブアイ搭載の衣類乾燥除湿機「MJ-100FX」

投稿日:

三菱電機は、衣類乾燥除湿機の新モデルとして「MJ-100FX」を5月前半に発売します。

部屋干しされた濡れている洗濯物だけを見分けて送風・乾燥することで乾きムラを抑え、乾燥が終われば自動停止する除湿乾燥機。

部屋の中をキメ細やかに見渡し、室温との温度差で洗濯物の乾燥状態を見分けることができる「部屋干し3Dムーブアイ」と、上下160度/左右100度の広範囲に自動でスイングして送風する「3次元広角狙えルーバー」を搭載し、乾いていない衣類だけを狙いうち乾燥するとももに、ムダな送風も抑えることで、しっかり“省エネ乾燥”してくれます。

運転モードは、標準の衣類乾燥のほか、朝までに低騒音で自動乾燥する「夜干しモード」や、浴室のカビ発生を抑制する「浴室カビガード」、送風運転と除湿運転を組み合わせることで消費電力を約30%抑えられる「エコ干しモード」を搭載。

フィルターは、水洗いに対応した「プラチナ抗菌フィルター」を採用。現在の湿度を1%刻みでデジタル表示する「デジタル湿度表示」や、子供さんによる誤動作を防止する「チャイルドロック」も備えています。

除湿方式はコンプレッサー方式。排水タンク容量は3L。除湿能力(50・60Hz)は9L/日・10L/日。運転音は39~50dB。消費電力量(50・60Hz)は245W・270W。

サイズは360×210×534mm(幅×奥行き×高さ)、重量は12.7kg。カラーはスカイブルー。価格は44,800円前後。

▼詳細や最安値のチェックはコチラで

- スポンサードリンク -