マクセル、ネットワーク機能搭載の250GB HDD内蔵「iV(アイヴィ)ハードディスクレコーダー VDR-R2000」

投稿日:

日立マクセルは、リムーバブルHDDレコーダ「iV(アイヴィ)ハードディスクレコーダー」の新製品で、250GB HDDやネットワーク機能を新たに搭載した「VDR-R2000」を6月25日に発売します。

2009年に発売した「VDR-R1000」の後継モデルで、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、持ち出しもできるカセットHDD「iVDR-S」(別売)のほか、250GBの内蔵HDDへ最大2番組同時録画が可能になりました。1番組のみとなりますが、MPEG-4 AVC/H.264形式で最大24倍の長時間録画も可能。加えて、BS11などの3D番組の録画や、キーワード自動録画機能にも対応します。

また、ネットワーク機能も新たに備えており、VDR-R2000で録画した番組を別の部屋にあるDTCP-IP対応のテレビなどで視聴可能。DLNAにも対応し、ネットワークダビング対応のブルーレイディスクレコーダーやネットワークHDD「NAS」などへ録画した番組を、コピー/ムーブが行えます。ブロードバンド接続すれば、「TSUTAYA TV」「アクトビラ」「i-フィルター for TV2」「Nikon my Picturetown on TV」などのネットコンテンツも楽しめます。

インターフェイスはCEC対応HDMI出力(1080P出力対応)、S映像出力、コンポジット出力、光デジタル音声出力、アナログ音声出力、Ethernetなど装備。SDカードスロットも備え、カード内の動画(AVCHD)や、写真画像(JPEG)もテレビに出力可能。

サイズは297×224×66mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.3㎏。消費電力は26W(待機時0.3W)。

カラーはブラック。価格は4万円前後。

▼製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -