パナソニック、200℃スチームのIHジャー炊飯器「SR-SX101」/「SR-SX181」

投稿日:

パナソニックは、かまどで炊いた銀シャリごはんのおいしさを追求するスチームIHジャー炊飯器の新モデルで「200℃スチーム」を搭載 した「SR-SX1シリーズ」を6月1日より発売します。

ラインナップは5合炊きの「SR-SX101」が9万円前後、1升炊きの「SR-SX181」が9万5千円前後。

新しいスチーム発生技術により熱量が約4.5倍、噴出速度は約18倍の高温加熱を実現。これにより、高温スチーム(過熱水蒸気)の温度が従来の130℃から200℃まで高まったことで、ごはん一粒一粒がふっくら大きく膨らみ、うまみと甘み成分のアミノ酸が約7%、香り成分も約40%向上したという。加えて、釜内の酸素濃度が低下し、酸化臭は約16%低減されるとしています。

炊飯コースでは、「銀シャリふつうコース」の炊飯時間も従来品の約56分から約44分に短縮。さらに、炊込みごはんや、玄米、発芽・分づき米などメニューに合わせて200℃/150℃/130℃から最適なスチームを使い分ける「スチーム自動コントロール」を搭載します。淡・濃2種類のおこげも楽しめる「かまどおこげ」も用意。

保温機能は、保温中のパサツキを抑える「スチーム保温」や「スチーム再加熱」を装備。省エネ機能「エコナビ」も備え、ごはんの量に応じて保温することで消費電力量を約5%カットします。

表示部は見やすい「ワイド斜め表示」と「ホワイトバックライト液晶」を搭載。音声と光で操作を教えてくれる「音声ガイド」と「光誘導」も備えます。

筐体デザインは、ふたの周囲をカットしてコンパクトに見せるスリムカットデザインを採用。カラーはベーシックなホワイト&シルバーアクセント(ホワイト)に加え、キッチンを華やかに彩るブラック&レッドアクセント(ルージュブラック)のトレンドカラーも用意。

サイズ(幅×奥行き×高さ)と重量は、SR-SX101が265×329×231mmで6.2kg、SR-SX181が291×355×263mmで7.5kg。消費電力は順に1,210W、1,400W。

▼SR-SX101の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場Yahoo!ショッピングアマゾン(Amazon.co.jp)


▼SR-SX101の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場Yahoo!ショッピングアマゾン(Amazon.co.jp)

- スポンサードリンク -