ソニー、2型液晶や語学学習機能搭載の新・ウォークマン Eシリーズ「NW-E083・NW-E083Kシリーズ」

投稿日:

ソニーは、エントリーモデル“ウォークマン Eシリーズ”の新製品「NW-E083シリーズ」と、小型スピーカー付き「NW-E083Kシリーズ」を10月19日に発売します。価格はE083シリーズが11,000円前後、E083Kシリーズが14,000円前後。

B00FF06VYOB00FF06TNMB00FF06USQ
B00FF06ZEUB00FF06WU2B00FF06Y3M


- スポンサードリンク -

新しいEシリーズは、再生できる音楽データが、新たにFLACやApple Lossless(ALAC)などの高音質コーデックに対応し、独自の「ClearAudio+」や周囲のノイズを約98.0%削減する「デジタルノイズキャンセリング機能」により、高音質で音楽を楽しめます。また、液晶画面が従来機種「E060シリーズ」の160×128ドット/1.4型液晶から、320×240ドット/2.0型液晶に大きくなり、文字やフォトなどがより見やすくなりました。FMラジオも内蔵。

メモリ容量は4GBで、再生可能なフォーマットは、音楽がMP3/AAC/HE-AAC/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/WMA/リニアPCM/Apple Lossless(ALAC)。フォトがJPEG。

さらに、PCを使わずにCD/MDプレーヤーやラジオなどから音楽を直接ウォークマンに録音できる好評の「ダイレクトエンコーディング機能」に加えて、新たに「語学学習機能」や「ダンスモード」、「カラオケ機能」も搭載され、機能を拡張することでより便利になっています。語学学習機能は、9段階で調節できる「再生スピードコントロール」や、指定区間を繰り返し聴ける「A-Bリピート再生」、ボタンひと押しで約3秒戻して再生できる「クイックリプレイ」を用意。

そのほか、別売アクセサリーの文字入力パッド「KPD-NWU10」に対応しており、ウォークマンを接続すれば、携帯電話でメールを打つ感覚で、曲名やアーティスト名などを入力可能。語学学習スピーカー「RDP-NWL100」を使えば、スピーカーで語学コンテンツを視聴できるほか、最適なボタンを配置で語学学習機能を片手で簡単に操作することができます。

本体サイズは42.1×92.1×8.0ミリ(幅×奥行×厚さ)、質量は約46グラム。バッテリー稼働時間は最大約36時間。WM-PORTを装備し、充電時間は約3時間。同梱品はUSBケーブル、ヘッドホン。

E083Kシリーズは、ウォークマン本体とトータルコーディネートされたデザインの専用スピーカー。小型ながら、スピーカーは出力1.0ワットとパワフルで、デジタル信号処理でスピーカーの音響特性を最適化する「クリアフェーズ」により、クリアサウンドを再現します。

WM-PORTを搭載し、ウォークマンをセットすれば、音楽を再生しながら充電を行います。カラーバリエーションは両シリーズともレッド/ブラック/ブルーの3色で展開します。

専用アクセサリーは、文字入力パッド「KPD-NWU10」、語学学習スピーカー「RDP-NWL100」、シリコンケース「CKM-NWS780」、クリアケース「CKH-NWS780」などを用意します。

SONY ウォークマン Eシリーズ 4GB レッド NW-E083/R
SONY ウォークマン Eシリーズ 4GB ブラック NW-E083/B
SONY ウォークマン Eシリーズ 4GB ブルー NW-E083/L

SONY ウォークマン Eシリーズ スピーカー付 4GB レッド NW-E083K/R
SONY ウォークマン Eシリーズ スピーカー付 4GB ブラック NW-E083K/B
SONY ウォークマン Eシリーズ スピーカー付 4GB ブルー NW-E083K/L

SONY タイトル編集キーパッド KPD-NWU10
SONY ウォークマン用ドックスピーカー RDP-NWL100/W
SONY NW-E080/E080Kシリーズ専用 シリコンケース CKM-NWS780シリーズ
SONY NW-E080/E080Kシリーズ専用 クリアケース CKH-NWS780シリーズ

- スポンサードリンク -