ソニー、スピーカー内臓ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ「NW-WH303/B・W」

投稿日:

ソニーは、ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズの新製品として、スピーカーを内臓した「NW-WH303/B」(ブラック)と、「NW-WH303/W」を10月19日に発売します。価格は15,000円前後。

B00FF06VVMB00FF06VVM

高音質ヘッドフォンに音楽プレイヤー機能を搭載したウォークマン「Wシリーズ」のラインアップに、新たに加わる新機種。

ケーブルの煩わしさから解放されるヘッドホン一体型の本体に4GBメモリを内蔵。メモリ内に保存されている音楽をヘッドホンで聴くリスニングスタイルのほか、ウォークマンを首に掛けて内蔵スピーカーで楽しむ首掛けスタイル、さらに電源オフ時に付属のヘッドホンケーブルをスマートフォンや携帯型ゲーム機などに接続して、通常のワイヤードヘッドホンとして使用できるなど、1台で3つのリスニングスタイルで利用できるのが特長。

2種類の異なる音響効果を切り替えることができるサウンドエンハンスメントボタンを搭載し、モード1は低音を強調し、迫力のある重低音で、モード2は中高域に伸びのある鮮やかな音で、音楽を再生します。

首掛けスタイルで高音質を楽しめるスピーカーモードでは、独自の音量増強技術「xLOUD」とスピーカー用に新たに開発したサラウンド技術「VPT(virtualphones technology)」により、ウォークマンを首にかけた状態で音楽が頭の周囲を包み込むような、全く新しい音楽体験を高音質で聴くことができるということです。

スマートフォンなどのモバイル端末とケーブル接続して音楽を楽しめるヘッドホンモードでは、直径30ミリのドライバーユニットから高音質で音楽を再生するほか、音の解像度を高める300KJ/立法m高磁力ネオジウムマグネットとCCAWボイスコイルを採用し、大入力にも対応する高耐入力1,000ミリワットを実現しています。

そのほか、持ち運びに便利なスイーベル折りたたみ機構を備えており、コンパクトにすることでカバンなどに収納して手軽に持ち運ぶことができます。外部インターフェースは、マイクロUSB、ステレオミニ入力を装備。

質量は約292グラム。リチウムイオン充電式電池を内蔵し、バッテリー稼働時間はヘッドホンモード時で約20時間、スピーカーモード時で約5時間。充電時間は約2時間。本体カラーはホワイトとブラックの2色展開。同梱品は、USBケーブル、ヘッドホンケーブル。

SONY ウォークマン Wシリーズ ヘッドホンスピーカー一体型 4GB NW-WH303

- スポンサードリンク -