象印、コーヒーメーカー 「『珈琲通』 EC-PA10」

投稿日:

象印マホービンは、コーヒーメーカー 「珈琲通」の新商品「EC-PA10」を3月11日に発売します。価格は23,100円。

B00BNRQNVO

1杯分の挽いたコーヒーを円盤状の紙製フィルターに詰めた「レギュラーコーヒー用60mmカフェポッド」を本体にセットし、電源を入れて、スタートボタンを押すだけで、湯を沸かし、自動で抽出を開始します。抽出されたコーヒーは、空気とかくはんされることで、きめ細かな泡が作られ、本格コーヒーを1杯から簡単に楽しめます。

抽出モードはホットコーヒーとアイスコーヒーから選ぶことができ、ホットコーヒーは130ml。アイスコーヒーは氷を入れてちょうど良い味になるように90mlの少量の濃いコーヒーで抽出されるという。1杯の抽出時間はホット・アイス共に約3分。電源の切り忘れを防ぐ「自動電源オフ」機能を搭載します。

そのほか、汚れがつきやすいポッド受けセットや、吐出口ケース、トレー、受皿、水タンクは全て取り外して洗うことができます。タンク容量は775ml。

本体サイズは165×320×270mm(幅×奥行き×高さ)、質量は2kg。本体カラーはレッド(-RA)。消費電力は900W。

- スポンサードリンク -