ソニー、スマホに取り付けるレンズ型デジカメ「サイバーショット DSC-QX100/DSC-QX10」

投稿日:

ソニーは、スマートフォンに取り付けて使用するレンズスタイルカメラ「サイバーショット DSC-QX100」と「サイバーショット DSC-QX10」を10月25日より発売します。価格は「QX100」が55,000円前後、「QX10」が25,000円前後。

B00F4MMFQ6 B00F4MMEGM B00F4MMF52

両製品とも、「Xperia Z」などのスマートフォンと組み合わせて使用する“レンズスタイルカメラ”という新しいスタイルを提案するデジタルカメラ。レンズ型の本体には、レンズやCMOSイメージセンサー、イメージプロセッサのカメラ構成要素をはじめ、ズームレバーやシャッターボタン、電源ボタン、メモリーカードスロット、バッテリーなどすべて搭載し、スマホに装着してWi-Fiで接続すれば、スマホのディスプレイで映像を確認しながら写真や動画を撮影できます。

201309180021.jpg

また、スマホから離し、手持ちで自由な角度に構えながらの撮影することもでき、撮影後には、スマホのアプリを使って、写真を編集・加工したり、TwitterなどのSNSへアップロードなども可能。これまでにない新しいスタイルのデジカメとなってます。

そのほか、Wi-Fi機能に加えてNFCを搭載。スマートフォンがNFCに対応していれば、デジカメに近づけるだけで、簡単にWi-Fi接続が完了します。

「QX100」は、高級デジカメ「DSC-RX100MII」と同じ、2,020万画素の1/1.0インチ裏面照射型「Exmor」CMOSSイメージセンサー(アスペクト比3:2)と、開放値F1.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*(ティースター)」レンズを搭載。さらに、7枚羽根の虹彩絞りの機構や光学式手ブレ補正も備えるなど、暗所でもノイズの少ない高感度撮影が可能を撮影できるということです。

操作系では、最新PlayMemories Mobile対応による絞りなどの各種設定や、レンズ部のコントロールリングによるマニュアルフォーカスと光学ズームが可能です。

基本仕様は、焦点距離は35ミリ換算で10.4~37.1ミリ(28~100ミリ)。開放絞り値はF1.8(W)~F4.9(T)。ズームは光学3.6倍(28~100ミリ)。本体サイズは62.5×55.5×62.5ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は179グラム。

「QX10」は、厚さ33.3ミリのコンパクト性が特徴で、携帯がしやすく、普段からスマートフォンで撮影し、SNSでシェアしている方が、本製品の光学ズームを生かし、遠くの被写体でも簡単に撮影できるモデルとなってます。

25~250ミリ(35ミリ換算)の光学10倍ズームと光学式手ブレ補正機能を搭載しており、スマートフォンの単焦点カメラでは難しい遠方の被写体をブレずに高画質に撮影できるほか、1,820万画素の1/2.3インチ裏面照射型「Exmor R」CMOSイメージセンサー(アスペクト比4:3)と、「プレミアムおまかせオート」により、暗いシーンでもフラッシュなしで明るく、ノイズを抑えた撮影が可能です。

基本仕様は、焦点距離は35ミリ換算で4.45~44.5ミリ(25~250ミリ)。開放絞り値はF3.3(W)~F5.9(T)。本体サイズは62.4×33.3×61.8ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は105グラム。

いずれも、記録メディアはメモリースティック マイクロ(Mark2)、microSDメモリーカードで、記録フォーマットは静止画がJPEG、動画がMP4。入出力端子はマルチ/マイクロUSB端子を備えます。

B00F4MMEIK B00F431QOM B00F3YS89I

専用オプションは、スマートフォンXperia専用カメラアタッチメントケース「SPA-ACX1」(3,255円)、QX100専用ソフトキャリングケース「LCS-BBL」(3,780円)、QX10専用ソフトキャリングケース「LCS-BBM」(3,255円)がラインアップ。

ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX100
ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ブラック)
ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)

ソニー Xperia Z専用 アタッチメントケース(ブラック) SPA-ACX1
ソニー ソフトキャリングケース LCS-BBL
ソニー ソフトキャリングケース LCS-BBM

- スポンサードリンク -